英雄は嘘がお好き

えいゆうはうそがおすき RETURN OF THE HERO
上映日
2019年10月11日

製作国
フランス

上映時間
91分

ジャンル
コメディ 歴史劇 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「おとなの恋の測り方」のローラン・ティラール監督によるロマンティック・コメディ。1809年、フランス・ブルゴーニュ。戦地から帰らない婚約者を待ち続ける妹・ポリーヌを気の毒に思った姉のエリザベットは、婚約者のふりをして書いた偽りの手紙を妹に届ける。出演は「アーティスト」のジャン・デュジャルダン、「エタニティ 永遠の花たちへ」のメラニー・ロラン、「奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ」のノエミ・メルラン。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    畑中佳樹

    見ればそこそこ楽しませてくれる毎度ウェルメイドなフランス艶笑喜劇――と正確に予測して見始めたはずが、途中からどんどん先が読めなくなり、あれよあれよという間に逢着したラストカットの後に深々とした満足感が残った。ブルゴーニュの館の前にコサック兵が侵入し、お話の中だけだった戦争が不意にそこに現出する荒唐無稽さに快哉を叫ぶ。ヒーローが浮浪者となって駅馬車から現われ、ヒロインが二階から水を捨てた所へでんぐり返る辺りにジョン・フォードが匂う。

  • 映画評論家

    石村加奈

    本作のために誂えられた、映画オリジナルの衣裳がエレガント。ヌヴィル大尉の赤い騎兵服と、エリザベットのエキゾチックなグリーンのドレス。フリルのブラウスが似合う、胡散臭い色男ヌヴィルに対するエリザベットの気持ちの変化を、赤とグリーンを入れ替えた二人の衣裳でさりげなく表現。ラストの紅白まで細やかにデザインされている。エリザベット役で、初のコメディに挑戦したメラニー・ロラン。知的な姉から、率直な長女、ウブな乙女と、ふくよかな女性像をチャーミングに演じる。

  • 映画評論家

    佐々木誠

    気の強い女とトボけた男の恋愛コメディは、古今東西、どの国、どの時代設定でも楽しい。ダイアン・キートンとウディ・アレン然り、リリーと寅さん然りだが、本作のロランとデュジャルダンの組み合わせは、それらと並ぶくらい小気味良い。物語は、嘘から派生して広がった“事実”とどう折り合いをつけるか、ということを描いているのだが、本作自体、19世紀初頭実際にあった戦争、巨額詐欺事件を背景にしたフィクションであり、その「虚実皮膜」の醍醐味を全篇通して堪能できる。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月23日に投稿
    90
    • 笑える
    • かっこいい

    ネタバレ

「英雄は嘘がお好き」のストーリー

1809年、フランス・ブルゴーニュ。裕福なボーグラン家の次女・ポリーヌ(ノエミ・メルラン)は、戦地から帰らない婚約者を日々待ち続けていた。気の毒に思った姉のエリザベット(メラニー・ロラン)は差出人をポリーヌの婚約者と偽り、自分で書いた手紙を妹に届けるのだった。その婚約者・ヌヴィル大尉を第一線で大活躍の末に戦死したことにしてから3年が経過したある日。エリザベットは街で偶然ヌヴィル(ジャン・デュジャルダン)に遭遇。街の人々は伝説の英雄の帰還に沸き、恋人の再登場にポリーヌは胸ときめく。心中穏やかでないエリザベットの心配をよそに、ヌヴィルはこの偉大なる“嘘”を利用して一儲けしようと目論むが……。

「英雄は嘘がお好き」の写真

「英雄は嘘がお好き」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「英雄は嘘がお好き」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ 歴史劇 ドラマ
製作国 フランス
製作年 2017
公開年月日 2019年10月11日
上映時間 91分
配給 松竹
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://eiyu-uso.jp/
コピーライト (C)JD PROD – LES FILMS SUR MESURE – STUDIOCANAL – FRANCE 3 CINEMA – GV PROD

「英雄は嘘がお好き」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年10月23日に投稿
    90
    • 笑える
    • かっこいい

    ネタバレ