ベル・カント とらわれのアリア

べるかんととらわれのありあ BEL CANTO
上映日
2019年11月15日

製作国
アメリカ

上映時間
101分

ジャンル
ラブロマンス ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

在ペルー日本大使公邸占拠事件から着想を得たアン・パチェットの小説を、「アバウト・ア・ボーイ」のポール・ワイツ監督が映画化。オペラ歌手のコンサートを催す南米某国副大統領邸をテロリストが占拠。やがてテロリストと人質との間に思わぬ交流が生まれる。高名故に人質として捕らわれる世界的オペラ歌手ロクサーヌ・コスを「アリスのままで」でアカデミー賞主演女優賞を獲得したジュリアン・ムーアが、実業家のホソカワを「GODZILLA ゴジラ」シリーズの渡辺謙が、通訳のゲンを「自由が丘で」の加瀬亮が演じる。また、グラミー賞を受賞したオペラ界のスター歌手ルネ・フレミングが歌の吹替を担当している。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    畑中佳樹

    グッドストーリー、バットノースタイルというべきか、ノースタイル、バットグッドストーリーというべきか微妙。南米某国の要人邸が過激派に占拠され、オペラ歌手、各界セレブ、日本人社長と通訳らが人質にとられて籠城するブニュエルの「皆殺しの天使」状態が、いつしか敵味方入り乱れての微笑ましい多言語多文化教室へ(なんだか映画の撮影現場のよう)。この展開をさほど芸のない平凡な語り口で真っ正直に描く。映画評論家ではない友人には安心してお薦めできる。

  • 映画評論家

    石村加奈

    実業家ホソカワ(渡辺謙)の通訳ゲン(加瀬亮)とテロリストの少女カルメン(マリア・メルセデス・コロイ)の切実な恋に比べ、ホソカワと歌姫ロクサーヌ(ジュリアン・ムーア)の関係をどう受けとめればよいか。ホソカワ(出発前の息子とのやりとりも含め、もやっとする)やロクサーヌの背景描写が何とも思わせぶりな分、南米で展開されるストーリーに集中できない。魅力的なはずの主人公が、テロリストと人質の心を芸術が繋いでゆく美しい物語の不協和音になろうとはもったいない。

  • 映画評論家

    佐々木誠

    争い事の多くは「話せば分かる」と思っている。言語が違うことでできる境界線は、どうするか。本作は「ペルー日本大使公邸占拠事件」を基にしている。ゲリラ、国籍が違う人質たち、複数の言語が飛び交うその現場はまるで“世界の縮図”で、加瀬亮の「通訳」が狂言回し的役割を担い、ムーア演じる「オペラ歌手」の歌声から利害を超えた関係が生まれ、そこは徐々に理想郷のような空間へと変化していく。実際の現場も同様だったはずで、その終結は単なる悲劇ではない余韻を残す。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月27日に投稿
    0

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年11月13日に投稿
    86
    • かっこいい
    • セクシーな

    ネタバレ

「ベル・カント とらわれのアリア」のストーリー

実業家のホソカワ(渡辺謙)は通訳のゲン(加瀬亮)と共に、南米某国の副大統領邸でのパーティーに赴く。ホソカワは愛してやまない世界的なソプラノ歌手ロクサーヌ・コス(ジュリアン・ムーア)のサロンコンサートを心待ちにしていた。このサロンコンサートはホソカワの会社の工場誘致を目論む主催者が企画したもので、現地の名士や各国の大使も集まった。女神のようなロクサーヌの歌声が流れたその時、突如テロリストたちがなだれ込んでくる。テロリストたちは副大統領邸を占拠し、収監中の同志の解放を要求。赤十字のメスネルを介し政府と交渉するものの、平行線が続く。膠着状態が続く中、ロクサーヌの歌をきっかけに、貧しく教育など受けられるはずもなかったテロリストたちと教養に溢れた人質たちの間に交流が生まれ、互いに親子や師弟のような親しみを覚えるように。しかしそれも終わりの時が近づき……。

「ベル・カント とらわれのアリア」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ベル・カント とらわれのアリア」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019年11月15日
上映時間 101分
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://belcanto-movie.jp/
コピーライト (C)2017 BC Pictures LLC All rights reserved.

「ベル・カント とらわれのアリア」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月27日に投稿
    0

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年11月13日に投稿
    86
    • かっこいい
    • セクシーな

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。

「ベル・カント とらわれのアリア」を観ているあなたにおすすめの映画