#ハンド全力

はっしゅたぐはんどぜんりょく
上映日
2020年7月31日

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

震災後の熊本を舞台にした青春映画。高校生のマサオが、3年前に撮ったハンドボールの写真をSNSに投稿したところ、全国から“いいね”が殺到。舞い上がったマサオたちは、“#ハンド全力”をつけてハンドボールを頑張るフリをした写真の投稿を続けるが。出演は「暗殺教室~卒業編~」の加藤清史郎、「天気の子」の醍醐虎汰朗。監督は「君が君で君だ」の松居大悟。

「#ハンド全力」のストーリー

熊本地震後の熊本県。仮設住宅で暮らす清田マサオ(加藤清史郎)は、夢中になれるものもなく、高校卒業後の進路も決められずにいた。しかし、何気なくSNSに投稿した写真でその生活は一変。それは三年前の震災直後、ハンドボール部員だった頃に親友タイチ(甲斐翔真)と撮ったジャンプシュート中の“映える”一枚だった。その投稿を直近の写真だと誤解した全国のユーザーから続々と応援コメントが寄せられ、“イイね!”の数は増える一方。舞い上がったマサオと幼馴染の岡本(醍醐虎汰朗)は、ハッシュタグ“#ハンド全力”をつけた投稿を続けることに。ハンドボールを頑張るフリをした写真や動画をねつ造しては、“イイね!”が増えるように工夫と試行錯誤を重ねる。ついに、噂を聞きつけた男子ハンドボール部の部長・島田(佐藤緋美)にスカウトされ、フォロワー戦略として入部することとなる。最後のインターハイ出場に挑む島田の下、休部中の片山先輩(磯邊蓮登)やクラスメイトの林田(岩本晟夢)、マサオが密かに思いを寄せる女子ハンドボール部のエース・七尾(芋生悠)を姉に持つ次郎(鈴木福)、東京から来たダンサー志望の蔵久(坂東龍汰)が集まり、チーム7人が揃った。果たしてマサオたちは、SNSで廃部寸前の男子ハンドボール部を復活させることができるのか……。

「#ハンド全力」の映像

「#ハンド全力」の写真

「#ハンド全力」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「#ハンド全力」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2020
公開年月日 2020年7月31日
上映時間 108分
製作会社 『#ハンド全力』製作委員会 (制作協力:セカンドサイト=グラスホッパー/制作プロダクション:ザフール)
配給 イオンエンターテイメント=ラビットハウス=エレファントハウス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
音量 5.1ch
公式サイト http://handzenryoku.com/
コピーライト (C)2020「#ハンド全力」製作委員会

「#ハンド全力」のみんなのレビュー

「#ハンド全力」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません