わたしは光をにぎっている

わたしはひかりをにぎっている
上映日
2019年11月15日

製作国
日本

上映時間
96分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「四月の永い夢」の中川龍太郎監督が「おいしい家族」の松本穂香を主演に迎え、居場所を探す若い女性の姿を描く人間ドラマ。亡父の親友を頼り上京した澪は、居候先の銭湯を手伝い次第に商店街の人々と親しんでいくが、銭湯はじきに閉店することになっていた。20歳で上京した澪を松本穂香が、銭湯の店主・京介を名バイプレーヤーの光石研が、早くに他界した親に代わり澪を育ててきた祖母・久仁子を大河ドラマ『国盗り物語』の樫山文枝が演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    川口敦子

    町、店、人、映画。世界から消えていく場所、存在を悼む心を刻んだ記録の映像。その圧倒的な力、涙ぐましさ。そこに溢れる詩情。それは中川龍太郎の世界を知らずにきた怠け者に全作に出会おうと決意させる磁力をつきつけてきた。そうしてその映画歴に息づいていた女優達(中村映里子、高橋愛実、榊林乃愛、朝倉あき等々)の輝やかしさ。それを目にした以上、この映画のヒロインの表情の鈍さは余りに惜しく、だからこそ敢えて「私は薦めない」といっておきたい。次作を待ちつつ。

  • 映画評論家

    佐野享

    現在の日本映画において、「場所」を映す、「空間」をとらえる、という意思のもとに撮られた作品は思いのほか少ない。「場所」とは生きた人間の営みの場であり、「空間」とは心象の在り様そのものである。そのことを理解している作り手は、場所/空間のなかに人物を配するのでなく、場所/空間と人物の関係性をとらえようとする。中川龍太郎はそのような稀有な作り手の一人だ。映画を観ながら、以前住んでいたアパートの近所にあった銭湯(昨年取り壊された)の風景を思い出した。

  • 映画評論家

    福間健二

    まず気に入ったのは、故郷を出たヒロインがやってくるのが葛飾区立石であること。引きめのショットが多く、人とともに風景と事物にものを言わせている。それが少し作為的すぎる場合も。独特のモタモタ感ありの天使性を発揮する松本穂香と、得意の、人生に疲れた男の味で押し切る光石研の二人以外の、人物の見え方、どうなのかなと思った。とはいえ、中川監督の表現は楽しい。山村暮鳥の詩の力も借りて決めどころを作り、失われていくものへの哀惜を受け身の感情にとどまらせない。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年6月22日に投稿
    80

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年11月13日に投稿
    86
    • 感動的な
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「わたしは光をにぎっている」のストーリー

宮川澪は早くに両親を亡くし、祖母・久仁子が親代わりとなり彼女の元で育った。久仁子と二人で長野県の湖畔にある民宿を切り盛りしていたが、久仁子が入院。民宿を閉めざるをえなくなり、それを機に澪は父の親友・京介を頼り上京し、京介が経営する銭湯に身を寄せる。都会の空気に馴染めずにいたが、目の前のできることからひとつずつ、という久仁子の言葉に押され、居候先の銭湯を手伝うように。やがて昔ながらの商店街の人たちとの交流も生まれ、澪は都会暮らしの中に喜びを見出していく。しかし区画整理によりじきに銭湯を畳まなければならず、それを知った澪は戸惑いながらもある決意をする。

「わたしは光をにぎっている」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「わたしは光をにぎっている」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年11月15日
上映時間 96分
製作会社 WIT STUDIO(制作:Tokyo New Cinema)
配給 ファントム・フィルム
公式サイト http://phantom-film.com/watashi_hikari/
コピーライト (C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

「わたしは光をにぎっている」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年6月22日に投稿
    80

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年11月13日に投稿
    86
    • 感動的な
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「わたしは光をにぎっている」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/20

デイヴィッド・リンチ(1946)

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

デニス・ホッパー/狂気の旅路

個性派俳優でありアメリカン・ニューシネマを代表する「イージー・ライダー」を監督、アーティストとしての顔も持つハリウッドの反逆児デニス・ホッパーの半生を追うドキュメンタリー。関係者の証言や未公開映像を交え、その足跡と映画史における役割を辿る。デニス・ホッパーの大ファンだったニック・エベリング監督が、1970年代初頭から約40年にわたりホッパーの右腕だったサティヤ・デ・ラ・マニトウをはじめ家族や友人・知人らによる数々の証言や、自ら集めた未公開映像をもとに構成。
エヴァン・ピーターズ(1987)

ボーダーライン:ソマリア・ウォー

海賊が蔓延るソマリアで現地取材を行ったジャーナリスト、ジェイ・バハダーの手記を映画化。2008年。伝説のジャーナリスト、シーモアの影響を受けたジェイは、ソマリアの現地取材に向かう。危険な取材の中、使命感を芽生えさせてゆくジェイだったが……。出演は「X-MEN:ダーク・フェニックス」のエヴァン・ピーターズ、「キャプテン・フィリップス」のバーカッド・アブディ、「ワーキング・ガール」のメラニー・グリフィス、「ゴッドファーザー」のアル・パチーノ。

X-MEN:ダーク・フェニックス

特殊能力を持つミュータントたちの活躍を描いた人気シリーズ「X-MEN」第7弾。X-MENの一員であるジーン・グレイが宇宙で事故に遭遇。これによりダークサイドが覚醒し、世界を滅ぼすほどの強大なパワーを持つダーク・フェニックスに変貌する……。出演は前作「X-MEN:アポカリプス」に引き続きジーン・グレイを演じるソフィー・ターナー、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「エイリアン:コヴェナント」のマイケル・ファスベンダー。「X-MEN:アポカリプス」の脚本を担当するなど、長年にわたってシリーズに携わってきたサイモン・キンバーグが、長編映画初監督を務める。

NEW今日命日の映画人 1/20

オードリー・ヘップバーン(1993)

マイヤーリング

1957年にテレビ番組『プロデューサーズ・ショーケース』の1本として1度だけ全米生放送された作品。以後、目にする機会はなかったが、当時の技術“キネスコープ”で録画されたマスターを復元し、劇場公開が実現した。オードリー・ヘプバーン(「ローマの休日」)とメル・ファーラー(「戦争と平和」)の夫婦共演も話題に。

ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

アメリカン・フィルム・インスティテュートが2000年に発表した“アメリカが生んだ最も素晴らしいラブストーリー ベスト100”の第4位に選ばれた恋愛映画。製作から50周年を迎え、“デジタル・ニューマスター版”として再び公開された。この映画によって、主演のオードリー・ヘプバーンは無名の女優からハリウッド・スターとなった。なお脚本は、当時の赤狩りでハリウッドから締め出されていたダルトン・トランボが、友人のイアン・マクラレン・ハンター名義で初稿を執筆、これにハンターが手を加えたものを、さらにジョン・ダイトンが改稿するかたちで決定稿に至った。初公開時はトランボの名前は伏せられていたが、のちに当時の事情が明らかになり、デジタル・ニューマスター版には新たにトランボの名がクレジットされている。

「わたしは光をにぎっている」を観ているあなたにおすすめの映画