ひとよ

ひとよ
上映日
2019年11月8日

製作国
日本

上映時間
122分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

桑原裕子が作・演出を手がけた劇団KAKUTAの2011年初演の同名舞台を「凪待ち」の白石和彌監督が映画化。こはるは三兄妹の子どもたちの幸せを守るために愛する夫を殺害。それから15年後、あの日以来時間が止まってしまった一家の元にこはるが帰ってくるが……。東京でフリーライターとして働く次男・雄二を「サムライマラソン」の佐藤健が、夫婦関係に思い悩む長男・大樹を「彼岸島 デラックス」の鈴木亮平が、事件によって美容師になる夢を諦めた妹・園子を「勝手にふるえてろ」の松岡茉優が、母親・こはるを2010年に紫綬褒章を受章した田中裕子が演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    須永貴子

    怒濤のオープニングで物語に一気に引きずり込まれた時点で、この映画の勝利を予感。十五年後の“母、帰る”から、家族の物語がリスタートし、加害者家族でもあり被害者家族でもある三兄妹の人生が徐々に明らかになる。そこに絡んでくるサブキャラ(家業だったタクシー会社で働き始めた佐々木蔵之介)のパートが不穏さを添加し、予想外の展開で絡み合い、カタルシスへ。過去と未来、社会と家族の境界線を示唆する、会社と自宅の間にある中庭のシーンで、勝利が確定した。

  • 映画評論家

    山田耕大

    傑作映画を観て、「魂を揺さぶられるような感動を覚えた」などと人は言う。15年前、陰惨な暴力をふるう夫から子供達を自由にしてやりたいと夫を殺した母が出所して彼らの所に帰ってくる。いやらしい言い方だが、魂を揺さぶられそうなおいしい設定である。白石和彌という人はとても好感の持てる監督だ。人を喰った見せかけの映像パフォーマンスなど決してせず、あくまで正攻法で勝負する。いい映画だと思うが、人物を掘り下げる道筋が少しズレて、魂まで届かなかった気がした。

  • 映画評論家

    吉田広明

    DV夫を轢き殺した母親が十五年ぶりに帰り、嫌がらせが再発するのだが、それが誰の仕業なのか分からないままなのは問題だと思う。顔が見えない悪意として演出されているのでもないようだし、要するに彼らを囲む「社会」を明確にしようという意思がないということだろう。敵がはっきりしないから、母親自身も含めた「社会」と三人がどう対峙し、自分を見出してゆくかクリアに像を結ばないのだ。場所が限定される演劇なら「外」は暗示でいいが、映画ならそうはいかないのでは。

みんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年7月2日に投稿
    75
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる

    ネタバレ役者の映画

    田中裕子が素晴らしい。存在感だけで泣けた。他の役者さんたちも皆素晴らしかった。 ただ・・・ 面白くなりそうなお話です。実際に面白かった。途中までは。 クライマックスに至るあたりから、過去と現在が交差し、映画的な構成になり、さあこれからというところで、主役の佐藤健の想いが響いてこない。見せ場があっさりとしてるのだ。勢いで見せきってしまわれたようだ。佐藤健のそれまでの「重さ」が転ずることなく終わってしまう。 もし、その役を他の俳優が演じてたら、そのままでも良かったかもしれない。でも佐藤健には、手間暇かけもっと活かせてほしかった。存在感が強い役者には演出を変えないといけないと思うのです。
  • EIGA FAN

    2020年2月6日に投稿
    94
    • 感動的な
    • かっこいい

    ネタバレ

「ひとよ」のストーリー

土砂降りの雨が降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は最愛の子どもたち三兄妹の幸せのため、愛した夫を手にかけた。そして子どもたちに15年後の再会を誓い、姿を消した。その日から家族の運命は一変し、長男・大樹(鈴木亮平)、次男・雄二(佐藤健)、長女・園子(松岡茉優)の三兄妹は心の傷を隠し持ったまま大人になった。事件の夜にそれぞれが想い願った未来とは違う人生を歩む三兄妹。そんな時間が止まってしまった一家のもとに、こはるが帰ってくる。

「ひとよ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ひとよ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年11月8日
上映時間 122分
製作会社 「ひとよ」製作委員会(日活=アミューズ=ROBOT=朝日新聞社=集英社=ローソンエンタテインメント=ひかりTV=ライブ・ビューイング・ジャパン=イオンエンターテイメント)(製作幹事:日活/企画・制作プロダクション:ROBOT)
配給 日活(配給協力:ライブ・ビューイング・ジャパン)
レイティング PG-12
公式サイト https://www.hitoyo-movie.jp/
コピーライト (C)2019「ひとよ」製作委員会

「ひとよ」のみんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年7月2日に投稿
    75
    • 重厚感のある
    • 考えさせられる

    ネタバレ役者の映画

    田中裕子が素晴らしい。存在感だけで泣けた。他の役者さんたちも皆素晴らしかった。 ただ・・・ 面白くなりそうなお話です。実際に面白かった。途中までは。 クライマックスに至るあたりから、過去と現在が交差し、映画的な構成になり、さあこれからというところで、主役の佐藤健の想いが響いてこない。見せ場があっさりとしてるのだ。勢いで見せきってしまわれたようだ。佐藤健のそれまでの「重さ」が転ずることなく終わってしまう。 もし、その役を他の俳優が演じてたら、そのままでも良かったかもしれない。でも佐藤健には、手間暇かけもっと活かせてほしかった。存在感が強い役者には演出を変えないといけないと思うのです。
  • EIGA FAN

    2020年2月6日に投稿
    94
    • 感動的な
    • かっこいい

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/8

ブライアン・タイラー(1972)

ランボー ラスト・ブラッド

シルベスター・スタローンの代表作「ランボー」シリーズ最終章。元グリーンベレーのランボーは、古郷アリゾナで、古くからの友人マリアとその孫娘ガブリエラと平穏に暮らしていた。ところがガブリエラが人身売買カルテルに拉致され、ランボーは救出に向かう。出演は、「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」のパス・ヴェガ、「サンダー・ソード 聖杯と暗黒魔王の騎士団」のセルヒオ・ペリス・メンチェータ、「バベル」のアドリアナ・バラーサ、ドラマ『フォスター家の事情』のイヴェット・モンレアル、「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」のオスカル・ハエナダ。監督は、「キック・オーバー」のエイドリアン・グランバーグ。

エスケープ・ルーム(2019)

「ワイルド・スピード」シリーズのプロデューサー、ニール・H・モリッツが手掛けたシチュエーションスリラー。あるオフィスビルに集められた賞金1万ドルを賭けた体験型脱出ゲームの参加者6人が、様々なトラップが仕掛けられた死のゲームに挑んでいく。出演は『ロスト・イン・スペース』のテイラー・ラッセル、「僕のワンダフル・ライフ」のローガン・ミラー。監督は「インシディアス 最後の鍵」のアダム・ロデヒル。
スティーヴン・アメル(1981)

ミュータント・ニンジャ・タートルズ 影 シャドウズ

忍術を使うカメが活躍するアメコミ原作の人気シリーズを、「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作により映画化。宿敵シュレッダーが脱獄し、再びニューヨークを恐怖に陥れようとする。タートルズはエイプリルや新しい仲間のケイシーらと共に立ち向かう。監督は、「EARTH TO ECHO アース・トゥ・エコー」のデイヴ・グリーン。出演は、「トランスフォーマー」シリーズのミーガン・フォックス、「ミュータント・タートルズ」のウィル・アーネット、「私が愛した大統領」のローラ・リニー、ドラマ『ARROW/アロー』のスティーヴン・アメル、「ゴーン・ガール」のタイラー・ペリー、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のブライアン・ティー。

あの日の指輪を待つきみへ

戦争によって失われた愛が1つの指輪と共に甦る、2つの時代と2つの大陸を結ぶ壮大なラブ・ストーリー。監督は、「ガンジー」のリチャード・アッテンボロー。出演は、「愛と追憶の日々」のシャーリー・マクレーン、TVシリーズ『The OC』のミーシャ・バートン、「サウンド・オブ・ミュージック」のクリストファー・プラマー。

NEW今日命日の映画人 5/8

ブライアン・フォーブス(2013)

チャーリー(1992)

サイレント映画の時代から赤狩りでハリウッドを追われるまで世界の喜劇王として活躍したチャールズ・チャップリンの半生を描く伝記ドラマ。監督・製作は「遠い夜明け」のリチャード・アッテンボローで、彼の「ガンジー」を10回以上観たというチャップリンの未亡人ウーナの許諾を得て実現した企画である。共同製作は「氷の微笑」のマリオ・カサール。アッテンボローの製作会社に所属するダイアナ・ホーキンスの原案で、チャップリン自身の手による「チャップリン自伝」(新潮社・刊)と、この作品の歴史顧問も務めるデイヴィッド・ロビンソンの、徹底した調査に基づいて全生涯を再現したドキュメント「チャールズ・チャップリン」(文藝春秋・刊)を原作に、小説家でもあるウィリアム・ボイドと、ブランアン・フォーブス、「ミザリー」のウィリアム・ゴールドマンが共同で脚本を執筆した。撮影は「存在の耐えられない軽さ」のスヴェン・ニクヴィスト、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「エア・アメリカ」のロバート・ダウニー・ジュニア。チャップリンの娘で、「モダーンズ」のジェラルディン・チャップリンが自身の祖母にあたるハンナを演じている。他に「スニーカーズ」のダン・エイクロイド、「冬の恋人たち」のモイラー・ケリー、「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のケヴィン・クライン、「ストリート・オブ・ファイヤー」のダイアン・レインらが共演している。

サンデー・ラバーズ

ロンドン、パリ、ローマ、ロスの世界の4都市を舞台に恋にハリキる中年男性の姿をそれぞれの独立したストーリーで描いたオムニバス映画。製作はレオ・L・フックス、監督は一話(ロンドン)がブライアン・フォーブス、二話(パリ)がエドゥアール・モリナロ、三話(ロス)がジーン・ワイルダー、四話(ローマ)はディーノ・リージが担当。脚本はフランシス・ヴェベール、アージェ・スカルペッリ、レスリー・ブリカッセ、ジーン・ワイルダー、撮影はクロード・アゴスティーニ、トニーノ・デリ・コリ、ジェリー・ハーシュフェルド、クロード・ルコント、音楽はマヌエル・デ・シーカが担当。出演はロジャー・ムーア、リノ・ヴァンチュラ、ジーン・ワイルダー、ウーゴ・トニャッティなど。英語版。