いなくなれ、群青

いなくなれぐんじょう
上映日
2019年9月6日

製作国
日本

上映時間
105分

ジャンル
青春 サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

「サクラダリセット」原作の河野裕による同名青春ミステリー小説シリーズを「チア男子!!」の横浜流星と「きょうのキラ君」の飯豊まりえ出演で実写映画化。謎だらけの島、階段島で再会した七草と真辺由宇。由宇の登場によって、安定していた日常が一変する。監督は、「今日という日が最後なら、」の柳明菜。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    須永貴子

    テーマに触れるだけでネタバレになるのでここでの言及は避けるが、真相が明らかになったときに「……で?」と思ってしまった自分は、この青春ファンタジーにカタルシスを感じるには大人になりすぎてしまったのだろう。それはさておき、白昼夢のように美しい映像のなかに、タクシー運転手に至るまで美形だらけのキャラクターを配置し、意味深で演劇的なセリフを放たせることで、閉ざされた異世界を作り上げた監督の力量は確か。まったく違う題材の監督作品を見てみたい。

  • 映画評論家

    山田耕大

    捨てられた人たちが連れて来られた〈階段島〉という小さな島で少年少女たちが高校生活を送る。その生活はどこにでもあるごく当たり前のもの、そういう島だからこその生活でもない。彼らはなぜ連れて来られたのか、いやそもそも何に誰に捨てられたのかわからない。彼らがどんな人間なのかよくわからないから、悩んで眉間に皺を寄せたり、泣きながら話したりしても単なる顔面の筋肉の動きにしか見えないし、台詞は空虚な言葉の羅列にしか聞こえない。何を狙った映画なんだろう。

  • 映画評論家

    吉田広明

    気づくと大人のいない島にいた中高生たち。彼らの正体は、そして何故ここに。ネタばれだから言えないが、その発想自体が中二病なのだ。中二病を扱うに、自虐のユーモアがないとこうも痛々しい。出てくる人物皆典型(委員長女子、熱血少年、トラウマ音楽少女、ヒネた文学少年)で、それに意味はないわけではないが、学芸会でも見せられている気分だ。原作は「心にくさびを打つような美しい文章」だそうだが、カッコつけすぎて(それも中二)日本語としてどうかと思う台詞も多々。

「いなくなれ、群青」のストーリー

人口2000人程度の謎だらけの島、階段島は捨てられた人たちの島で、誰もこの島へ来た理由を知らない。その島で七草(横浜流星)は真辺由宇(飯豊まりえ)と再会し、平和で安定した生活が一変する。なぜ、七草と由宇は階段島に来たのか? やがて明らかになる真相は、彼らの青春に残酷な現実を突きつける……。

「いなくなれ、群青」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「いなくなれ、群青」のスペック

基本情報
ジャンル 青春 サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年9月6日
上映時間 105分
製作会社 映画「いなくなれ、群青」製作委員会 (企画協力:新潮社/制作プロダクション:ノアド)
配給 KADOKAWA=エイベックス・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://inakunare-gunjo.com/
コピーライト (C)河野裕/新潮社 (C) 2019 映画「いなくなれ、群青」製作委員会

「いなくなれ、群青」のみんなのレビュー

「いなくなれ、群青」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。