星に語りて Starry Sky

ほしにかたりてすたーりーすかい
上映日
2019年4月5日

製作国
日本

上映時間
115分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

東日本大震災の被災地を舞台に、障害を持つ人たちの現実に迫ったドラマ。岩手県陸前高田市。障害を持つ人たちが働く共同作業所“あおぎり”では、仲間を失って落胆する利用者たちを女性所長が励ましながら、1日も早く日常を取り戻そうとしていたが……。出演は「俺にさわるな!」の要田禎子、「北の桜守」の螢雪次朗。監督は「花筐/HANAGATAMI」で監督補佐を務めた松本動。『赤狩り THE RED RAT IN HOLLYWOOD』などで知られる漫画家の山本おさむが脚本を担当している。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    90
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「星に語りて Starry Sky」のストーリー

岩手県陸前高田市。東日本大震災を経験したこの地にある障害を持つ人たちの共同作業所“あおぎり”は、津波の直接的な被害からは免れたものの、仲間の1人を失っていた。落胆する利用者たちを励ましながら、一日も早く日常を取り戻せるよう奮闘する女性所長。そんな中、日本各地のグループが連携して支援活動を始めようとした矢先、全国障害者ネットワークに“障害者が消えた”という情報が入る。確認のため、避難所を回ってみるが、確かに障害のある人がほとんどいないという不可思議な現実に直面する。一方、原発事故により避難を余儀なくされた福島県の南相馬市では、共同作業所“クロスロードハウス”の代表たちが放射能の危険と闘いながら、避難出来ずに取り残された障害を持つ人たちの支援を続けていた。安否確認のために必要な情報が、個人情報保護を理由に開示されないためだった。法律により守られるべき人権が支援の障壁となり、一刻を争う人命救助との狭間で苦しむ支援員たち。そして、被災した障害のある人たちの知られざる実情とは……。

「星に語りて Starry Sky」の写真

「星に語りて Starry Sky」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「星に語りて Starry Sky」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年4月5日
上映時間 115分
製作会社 製作:きょうされん 制作プロダクション:ターゲット
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://www.kyosaren.or.jp/starrysky/
コピーライト (C)きょうされん

「星に語りて Starry Sky」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    90
    • 考えさせられる

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。