工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

こうさくぶらっくびーなすとよばれたおとこ THE SPY GONE NORTH
上映日
2019年7月19日

製作国
韓国

上映時間
137分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    石村加奈

    北京のホテルで、朝鮮半島のニュースを他人事のように倦怠した表情で眺めていた黒金星のもとに、電話がかかる。相手が北朝鮮の外貨獲得責任者、リ所長とわかるや否や、黒金星の表情は笑顔に変わり、声のトーンも一気に上がる。凄腕スパイの人間味が感じられてホッとしたシーンだ。上司に「踊ってこい」と言われたら、上手に踊れる(笑顔ではなく真顔で!)部下の優秀さにわらう一方、国内ネタにこだわらず、孟子や森信三らの名言を使った、エスプリの効いた友情エピソードも鮮やか。

  • 映画評論家

    荻野洋一

    この手のポリティカルサスペンスを作らせたら、もはや韓国映画人は世界一の手練れ集団だろう。ベルリンの壁はもうないが、38度軍事境界線は健在だ。その不幸と引き換えに彼らは「大人向けの007」を何度でも作るが、それは割に合わぬ苦すぎる代償行為だ。韓国スパイの主人公が任務中に胸襟を開くこととなった北朝鮮高官と、破顔と共に酌み交わすたった一杯の焼酒の、なんという一生涯分の酒悦だろうか。のちに北京の店で一人啜る平壌冷麺の味は? 苦き世にも一片の歓はある。

  • 映画評論家

    北里宇一郎

    民主化運動や南北問題を題材にすると韓国映画は息づくようで。時代背景は90年代。金大中が大統領選に立候補。それを阻止しようと南北国家機関が暗躍。そこが興味津々の面白さ。企業家と偽って秘密を探る韓国スパイの行動もハラハラドキドキ。遂に金正日と対面。いつ態度を変えるやも知れぬ首領様の顔色を窺いながら交渉にあたる場面はスリル満点だ。北の高官を人間的に描き、主人公と同類相憐れむ的精神で結ばせるのも心地いい。実録ネタだけど娯楽精神に溢れて。その分やや甘口。

「工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男」のストーリー

1992年、将校だったパク・ソギョン(ファン・ジョンミン)は、国家安全企画部のチェ・ハクソン室長(チョ・ジヌン)からの指令で、北朝鮮の核兵器開発の実態を探る韓国のスパイとして北へ潜入することに。北京に駐在する対外経済委員会の所長リ・ミョンウン(イ・ソンンミン)に、実業家になりすまして接触するよう命じられたパクは、チェ室長から“黒金星(ブラック・ヴィーナス)”というコードネームを与えられる。1995年3月、パクが北京で対外経済委員会に近い人物と接触して半年が過ぎたころ、委員会が急遽現金を必要とする事態に陥り、金持ちの実業家としてマークされていたパクにリ所長本人から連絡が入る。食堂に呼び出されたパクは、現金の他に南の情報を渡すよう持ち掛けられる。次の会合では、リ所長の傍らにいた国家安全保衛部のチョン・ムテク課長(チュ・ジフン)が軍事機密を要求してくる。パクはスパイになる気はないと拒絶するが、南の企業と取引をしたいリ所長がたしなめ、改めてミレニアムホテルで会食することに。パクは北での広告撮影を提案し、所長はピョンヤンに掛け合い3日で結論を出すと約束する。そのころ、総選挙を控えた韓国では、野党の金大中が政界に復帰して人気を集め、現政権を脅かしていた。総選挙6日前の1996年4月5日、北朝鮮から韓国への武力挑発が勃発。国民は保守的な心理に傾き、金大中率いる野党は全国区で敗れる。そんななか、リ所長はパクに、金正日が会いたがっているのでピョンヤンに来るよう伝える。4月27日、北に到着したパクはホテルに連れて行かれ、健康状態の精密検査と偽り自白剤を使った尋問を受ける。パクは最難関も突破して金正日と面会し、広告事業の展開を許されると、撮影を隠れ蓑に核の実態調査を進める。だが、1997年、大統領選に立候補した金大中が支持率1位を獲得する。金大中当選を阻止したい祖国と、北朝鮮の間の裏取引により、自分の工作活動が無になることを知ったパクは、リ所長に危険な冒険を持ち掛ける……。

「工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 韓国
製作年 2018
公開年月日 2019年7月19日
上映時間 137分
配給 ツイン 提供:ツイン=Hulu
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://kosaku-movie.com/
コピーライト (C) 2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

「工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年7月17日に投稿
    89
    • 重厚感のある

    ネタバレ


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません


「工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男」を観ているあなたにおすすめの映画