ハウス・ジャック・ビルト

はうすじゃっくびると THE HOUSE THAT JACK BUILT
上映日
2019年6月14日

製作国
デンマーク フランス ドイツ スウェーデン

上映時間
152分

ジャンル
バイオレンス ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    ジャッキ(英語ではジャック)が壊れたところから始まるジャックの崩壊。実在の殺人鬼たちの多くは想像を絶する逸話を残しているのだから、主人公の支離滅裂さも驚くにはあたるまい。しかも何とこの映画は、ブルーノ・ガンツの役がツッコミとして機能しているため、意外にも、少なからぬ人たちがすんなり受け入れてくれそうなコメディとして成立している。作品全体が監督自身による懺悔の気持ちの表われなのだ、という解釈も出てきそう(そうするとまた議論がややこしくなるけど)。

  • 映画評論家

    内藤誠

    「エレメント・オブ・クライム」についての拙稿を読み直し、トリアーのヨーロッパ的崩壊感覚の一貫性を再確認。マット・ディロン熱演のシリアル・キラーが殺人を犯すごとに強迫神経症が改善されて、病的に潔癖症だという設定も相変わらずだ。大鎌を使って草を刈る農夫たちを見つめる少年の目も独特で怖い。建築とグールドのピアノなど教養ゆたかな引用と偏執ぶりはゴダール「イメージの本」の対極にあるが、ガンツが登場し、ダンテ『神曲・地獄篇』で終わる最後は、あれでいいのか。

  • 映画評論家

    平田裕介

    題名がマザー・グースの積み上げ歌『ジャックの建てた家』から取られているので、殺す人数が多くなって手口も凄惨になると思っていたが死体を用いた最後の大仕事にはしてやられた。陰惨で悪趣味極まりない内容なのは確かだが、これはコメディなんだと頭を切り替えれば観られる。実際、強迫性障害ゆえに何度も現場に戻ってしまう場面を筆頭に笑える場面は少なくない。撲殺、絞殺、刺殺、銃殺と殺り方も多種多彩で、人体破損描写も素晴らしい仕上がり。ただし、繰り返し観たくはない作品。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    90

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年6月14日に投稿
    80
    • 怖い

    ネタバレ

「ハウス・ジャック・ビルト」のストーリー

1970年代、ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャック(マット・ディロン)は、あることをきっかけに、アートを創作するかのように殺人に没頭し始める……。5つのエピソードを通じて明かされる“ジャックの家”を建てるまでのシリアル・キラー12年間の軌跡。

「ハウス・ジャック・ビルト」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ハウス・ジャック・ビルト」のスペック

基本情報
ジャンル バイオレンス ドラマ
製作国 デンマーク フランス ドイツ スウェーデン
製作年 2018
公開年月日 2019年6月14日
上映時間 152分
配給 クロックワークス、アルバトロス・フィルム
レイティング R-18
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://housejackbuilt.jp/
コピーライト (C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KOLN

「ハウス・ジャック・ビルト」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    90

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年6月14日に投稿
    80
    • 怖い

    ネタバレ

「ハウス・ジャック・ビルト」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/13

アリー・シーディ(1962)

うちへ帰ろう

バラバラになっていた家族が、母の死期を間近に再び心を寄せ合う心温まるドラマ。監督はスティーヴン・メイラー。出演はデイヴィッドリー・ウィルソン、アリー・シーディほか。

ハイ・アート

駆け出しの写真誌編集者とドロップアウトした有名写真家のふたりの女性の関係をエモーショナルに描き出した異色ラヴ・ストーリー。監督・脚本は本作が初の長編劇映画となる新鋭のリサ・チョロデンコ。製作は「ジョンズ」のドリー・ホールと、ジェフリー・レヴィ=ヒント、スーザン・A・ストーヴァー。撮影は「2ガールズ」のタミー・レイカー。音楽はオルタナティヴ・ロック畑の新鋭で「ベルベット・ゴールドマイン」にも参加したシャダー・トゥ・シンク。音楽監修はトレイシー・マックナイト。美術はバーンハッド・ブライス。編集はエイミー・E・ダドルストン。衣裳はヴィクトリア・ファレル。スチール写真(ルーシーの写真)は監督の友人でもある写真家のジョジョ・ウィルデン。出演は 「オンリー・ザ・ロンリー」のアリー・シーディ、「ラヴ&カタストロフィー」のラダ・ミッチェル、「ジュマンジ」のパトリシア・クラークソン、「フラート」のビル・セイジほか。サンタンス映画祭98で脚本賞を受賞。
ティム・アレン(1953)

トイ・ストーリー4

おもちゃの視点で描くCGアニメの大ヒットシリーズ第4弾。新たな持ち主ボニーを見守るウッディたち。しかし、彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキーは、自分をゴミだと思い、逃げ出してしまう。ウッディはフォーキーを探す冒険に出るが……。監督は、「インサイド・ヘッド」の脚本・原案を担当したジョシュ・クーリー。声の出演は、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」のトム・ハンクス、「シュガー・ラッシュ オンライン」のティム・アレン、「トラブルINベガス」のアニー・ポッツ、「トランスフォーマー/最後の騎士王」のトニー・ヘイル。

レックスはお風呂の王様

「ファインディング・ニモ3D」の併映作となるディズニー/ピクサー製作の短編アニメーション。「トイ・ストーリー」シリーズに登場するどじな恐竜のオモチャ“レックス”がバスルームを舞台に仲間の玩具たちと繰り広げる活躍をコミカルに描く。

NEW今日命日の映画人 6/13

該当する人物がいません


「ハウス・ジャック・ビルト」を観ているあなたにおすすめの映画