歌へ陽気に

うたえようきに
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

「ロマンス乾杯」のニノ・マルティーニが主演する映画で、ピックフォード・ラスキー・プロの第2回で且つ最後の作品である。原作はレオ・ビリンスキーが書き「海を嫌う船長」のウォーレス・スミスが脚色し、「虚栄の市(1935)」「恋の凱歌」のルーベン・マムーリアンが監督にあたり、「紅雀」のルシエン・アンドリオが撮影した。助演者は「ある雨の午後」「海は桃色」のアイダ・ルビノ、「歌の翼」「夢の並木道」のレオ・カリーロを初め、「Gメン」のハロルド・ヒューバー、「パリは夜もすがら」のジェームズ・プレイクリー、「襤褸と宝石」のミッシャ・オーアィールズその他の面々である。

「歌へ陽気に」のストーリー

リオ・グランデ河の南、米墨国境近くの小さいメキシコの町に、チヴァは住んでいた。彼は歌が自慢でいつかは人に知られる歌手になりたいと望んでいるが、現在は薄汚い映画館の雇い人である。彼は何でも館主の命令でやらねばならぬ。案内人もやれば、写真の時には得意のテナーで肉声伴奏をやる。ある日、メキシコでは泣く子も黙らすという、馬賊の頭目ブラガンサが、めぼしい子分共を引き連れて、米国のギャング映画を見に来た。ブラガンサはアメリカのギャングの組織的な行動がすっかり気に入って、馬賊稼業をアメリカのギャング流に改組しようと決心する。彼が気に入った余り喋ったのを、隣客に制されたことが起こりで、館内は大混乱に陥ったが、館主の機転で、メキシコ風景の写真を映写し、チヴァの美声でたちまち客を静まらせた。それに感心したのがブラガンサだった。この馬賊の頭目は、3度の飯より音楽が好きというくらいなので、チヴァを専属の歌手として、自分の傍に置くこととなり、彼をかどわかして山塞へ戻った。チヴォは馬賊になりたくはなかったが、殺されてはつまらんので嫌々ながらブラサンガの子分となる。ブラサンガは喜んで、ラジオ放送局を襲い、チヴォにオペラ名曲を放送させる。その時分、アメリカの大富豪シェイの息子ビルは、タイピストのジェーンと結婚すべくメキシコへ駆け落ちして来た。放送局を引き揚げたブラサンガは、ビルの素晴らしい自動車が欲しくなり、山塞へそのまま誘拐する。そしてビルがシェイの伜と知って、ギャング式に身代金を請求することとする。チヴォは2人の番を命ぜられたが、ジェーンに惚れたチヴォは2人を逃がしてやる。ところが2人はブラサンガが応援を乞うた米国のギャング首領ブッチに捕らえられて、再び山塞へ誘拐されて来る。チヴォは銃殺されんとしたが、巧みに逃げて、結局警察に捕らえられる。ジェーンは卑怯なビルに愛想を尽かし、今はチヴォを思っている。チヴォは署長さんに頼んでラジオでブラサンガに呼びかけ、ジェーンとビルを釈放してくれと頼む。ブラサンガは馬賊は馬賊らしくするがよいことを悟り、ブッチ一味を引き出物に持参して、チヴォを署長とんから貰いさげる。そしてチヴォとジェーンを結婚させてやったのである。

「歌へ陽気に」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「歌へ陽気に」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ユナィテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング

「歌へ陽気に」のみんなのレビュー

「歌へ陽気に」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。