ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた

はーつびーとらうどたびだちのうた HEARTS BEAT LOUD
上映日
2019年6月7日

製作国
アメリカ

上映時間
97分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

サンダンス映画祭やサウス・バイ・サウスウエストで上映された音楽ドラマ。元バンドマンで今はレコードショップを営むフランクは妻を事故で失って以来、一人で娘サムを育ててきた。ある日、二人で作った曲をフランクがネットにアップすると思わぬ反響がある。出演は、「SING シング」のニック・オファーマン、「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズ、「プライベート・ライアン」のテッド・ダンソン、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのブライス・ダナー、「ミュリエルの結婚」のトニ・コレット、「ヘルボーイ」のサッシャ・レイン。監督は、「ザ・ヒーロー」のブレット・ヘイリー。
サンダンス映画祭やサウス・バイ・サウスウエストで上映された音楽ドラマ。元バンドマンで今はレコードショップを営むフランクは妻を事故で失って以来、一人で娘サムを育ててきた。ある日、二人で作った曲をフランクがネットにアップすると思わぬ反響がある。出演は、「SING シング」のニック・オファーマン、「さよなら、僕のマンハッタン」のカーシー・クレモンズ、「プライベート・ライアン」のテッド・ダンソン、「ミート・ザ・ペアレンツ」シリーズのブライス・ダナー、「ミュリエルの結婚」のトニ・コレット、「ヘルボーイ」のサッシャ・レイン。監督は、「ザ・ヒーロー」のブレット・ヘイリー。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年11月7日に投稿
    86
    • 感動的な
    • かっこいい
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」のストーリー

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフックで、元バンドマンのフランク・フィッシャー(ニック・オファーマン)はレコードショップを17年に渡り営んでいる。妻の事故死によりシングルファーザーとなったフランクは、娘サム(カーシー・クレモンズ)を一人で育ててきた。そのサムはLAの医大へ通うことが決まっている。娘の進学後の生計を立てるにはレコードショップは赤字続きのため、フランクは店の貸主で友人のレスリー(トニ・コレット)に、夏の終わりに閉店することを告げる。旧友デイヴ(テッド・ダンソン)が経営するバーに行ったり、年老いて痴呆症の母親マリアンヌ(ブライス・ダナー)の面倒を見たりするだけで、フランクの人生は明るいものではなかった。ある夜、フランクは勉強中のサムをセッションに誘う。サムは書きかけの歌詞を引っ張り出し、二人で夜通し曲をレコーディングする。翌日、サムは、「私たちはバンドじゃないわよ(We’re not a band!)」と告げるが、娘の才能に感心したフランクは、一緒に作った曲を“We’re Not a Band.”というバンド名でSpotifyにアップロードしていた。その曲はSpotifyで人気の曲を集めた“New Indie Mix”にリストインされ、たくさんの人の耳に届く。フランクは急に未来の扉が開かれた気分になるが、サムには出会ったばかりの恋人ローズ(サッシャ・レイン)との関係や進学予定の医学部など、向き合わなければならない問題が山積みで、音楽で人生の冒険を始めることなど不可能に思えた。夏の終わりに近づき、大学がもうすぐ始まろうとするなか、二人は人生の決断を迫られる……。

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019年6月7日
上映時間 97分
配給 カルチャヴィル
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://hblmovie.jp/
コピーライト (C) 2018 Hearts Beat Loud LLC

「ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年11月7日に投稿
    86
    • 感動的な
    • かっこいい
    • 考えさせられる

    ネタバレ