• TOP
  • 殺人鬼を飼う女

殺人鬼を飼う女

さつじんきをかうおんな
上映日
2019-04-12

製作国
日本

上映時間
82分

ジャンル
エロス サスペンス・ミステリー

ここが見どころ

「リミッターを外せ!」を合言葉に始動した『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』の第1弾として、中田秀夫が大石圭の小説を映画化。幼い頃、父から性的虐待を受けたキョウコの中には、四つの人格が共存していた。やがて、彼女の周りで謎の死が相次ぐ。出演は「ホワイトリリー」でも中田とタッグを組んだ飛鳥凛、「-×- (マイナス・カケル・マイナス)」の大島正華、「ひぐらしのなく頃に」の松山愛里、「風に濡れた女」の中谷仁美ほか。
「リミッターを外せ!」を合言葉に始動した『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』の第1弾として、中田秀夫が大石圭の小説を映画化。幼い頃、父から性的虐待を受けたキョウコの中には、四つの人格が共存していた。やがて、彼女の周りで謎の死が相次ぐ。出演は「ホワイトリリー」でも中田とタッグを組んだ飛鳥凛、「-×- (マイナス・カケル・マイナス)」の大島正華、「ひぐらしのなく頃に」の松山愛里、「風に濡れた女」の中谷仁美ほか。

「殺人鬼を飼う女」のストーリー

キョウコ(飛鳥凛)はビストロで働く美しいギャルソン。だが、彼女の中には、キョウコを愛するレズビアンの直美(大島正華)、ビッチなゆかり(松山愛里)、そして小学生のままのハル(中谷仁美)という複数の人格が存在していた。それは、幼い頃に義父から性的虐待を受け続けたことが原因だった。それでも普段は、それぞれの人格と何とか辻褄を合わせ、共存し、支え合いながら生活していた。そんなある日、マンションの隣人が憧れの小説家・田島冬樹(水橋研二)と知り、恋心を芽生えさせるキョウコ。だが、これをきっかけに、得体の知れない歪みを感じ始めるようになる。時を同じくして、彼女の周りで相次ぐ謎の死。やがて、キョウコの中で保たれていた均衡が崩れ始める……。

「殺人鬼を飼う女」の写真

「殺人鬼を飼う女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「殺人鬼を飼う女」のスペック

基本情報
ジャンル エロス サスペンス・ミステリー
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019-04-12
上映時間 82分
製作会社 KADOKAWA=ハピネット(制作プロダクション:ツインズジャパン)
配給 KADOKAWA
レイティング R-18
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://satsujyo-movie.jp/
コピーライト (C)2019「殺人鬼を飼う女」製作委員会

「殺人鬼を飼う女」のみんなのレビュー

「殺人鬼を飼う女」のレビューを書く