唄へ!踊れ!(1933)

うたえおどれ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ラジオは笑う」「響け応援歌」のビング・クロスビーが主演する映画で「鷲と鷹(1933)」「響け応援歌」のジャック・オーキーと「ナイトクラブの女」のスキーツ・ギャラガーが共演する。「空の花嫁」の脚色者ジョセフ・L・マンキーウィッツが書き下ろした台本により「パアミイディス」「国際喜劇ホテル」のエディー・サザーランドが監督し「深夜の紳士」のテオドル・スパークールが撮影した。歌詞は「響け応援歌」と同じくサム・コスロウが書きアーサー・ジョンストンが作曲している。助演者は「新世紀」のジュディス・アレン及びハリー・グリーン、リリアン・タッシュマン、キティー・ケリーその他である。

「唄へ!踊れ!(1933)」のストーリー

マクス・マーリンのレヴュー「1932年のカクテル」がシカゴで終演した時、スターのエディー・ブロンスンは許婚のルシルに会うため飛行機でニューヨークへ出発したが、途中オハイオの小さな町に不時着陸を余儀なくされた。彼は汽車を待つ間の時間潰しに寄席へ入ってみるとディクスンとデイという喜劇役者の戦慄すべき妙技が演じられていた。しかしデイの恋人ルス・ブラウンの唄はエディーを喜ばせた。興行主のマクスが新しい女優を探しているのを知っていたエディーは、ルスにニューヨーク行きを進めたが、彼女は友達のディクスンとデイが一緒でなくては嫌だというので彼はやむなく同意した。興行主のマクスはかつてディクスンとデイの全盛時代を知っていたので、再会を喜んだが、彼らの稽古を見るに及んで、昔のドタバタと変わって詰まらぬ演し物なので落胆したが、ルスの唄に惚れこんで彼ら3人を契約する。この間にエディーとルスはお互いに憎からず想い合う仲となるが、ルスにはディ、エディーにはルシルという許婚があるので困っていた。1差の喜劇女優パッシイ・デューガンはこれを見て1策を案じ、デイに協力を頼む。デイはエディーとルスの決心が固いのを見て、ルスに体する恋を諦め、ルシルにエディーとの婚約を破棄させるため努力することになった。彼がルシルが数年前に知り合っていた100万長者の息子と称して彼女に電話をかけて、劇場の近所の酒場に呼び出し、自分も今は同じ1座に加わっているから、付き合ってほしいと頼む。ルシルは彼の持っていた札束に目がくらんで、これが狂言であるこをを見破ることができず、エディーとの婚約を破棄することに同意する。一方ディクスンとデイは昔の軽妙な芸風を取り戻して、2人のショウはすばらしい人気を呼び始めた。劇場でルシルは今までのことが狂言であったことを知ったが後の祭りであった。エディーは舞台で唄いながら、ルスにこの吉報をささやいた。

「唄へ!踊れ!(1933)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「唄へ!踊れ!(1933)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「唄へ!踊れ!(1933)」のみんなのレビュー

「唄へ!踊れ!(1933)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。