台風家族

たいふうかぞく
上映日
2019年9月6日

製作国
日本

上映時間
108分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「箱入り息子の恋」の市井昌秀が“両親への想い”をヒントに創作したヒューマンドラマ。老人が銀行で2000万円を強盗し、霊柩車で妻と共に行方をくらました事件があった。10年後、その子どもたちが実家に集まり、財産分与のために見せかけの葬儀を行う。出演は、「まく子」の草彅剛、「アイネクライネナハトムジーク」のMEGUMI、「長いお別れ」の中村倫也、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の尾野真千子、「愛がなんだ」の若葉竜也。

みんなのレビュー

「台風家族」のストーリー

紙袋を覆面代わりに被った老人が地方銀行で2000万円を強盗し、宮型霊柩車で妻と共に行方をくらました強盗事件はあっという間にニュースになったが、老夫婦の行方も2000万円も不明のまま月日は流れた。2018年、台風が近づくある夏の日、鈴木小鉄(草彅剛)は妻の美代子(尾野真千子)と娘のユズキ(甲田まひる)を連れ、実家へ車を走らせる。10年前に銀行強盗をした両親は行方不明のままだが、きょうだいで財産分与を行うため、形式的な葬儀をすることになったのだ。葬儀屋を併設した古びた二階建ての日本家屋の実家の居間には2つの棺桶が並び、小さな写真立てには28年前の両親の写真が入れられている。しばらくして長女の麗奈(MEGUMI)が到着する。麗奈は事件のせいで離婚し、今は付き合っている男性はいるが独身だ。ほどなく住職の萬福寺さん(斉藤暁)がやってきて、見せかけの葬儀が始まる。遅れて次男の京介がやってくる。兄の小鉄と仲が悪く、小鉄が遺産を独り占めしようとしているのではないかと勘繰っている。末っ子の千尋が姿を現さないまま、葬儀は終わる。仕方なく3人で財産分与の話し合いを始めるが、預金や保険は大した額ではなく、遺産は土地と家だけだった。どんな仕事も長続きしない小鉄は何としてもいちばん多くもらいたいと思っていた。話し合いの最中、インターフォンが鳴る。ようやく千尋が来たのかと思いきや、そこに立っていたのは、茶髪のチャラチャラした男だった。見知らぬ訪問者によって、話し合いは思わぬ方向へ転がっていき、きょうだいがこれまで溜めてきた想いや、小鉄とユズキの間にある溝が浮き彫りになる。そして両親が起こした事件の背景とは? 台風が近づくなか、鈴木家にも嵐が巻き起こる……。

「台風家族」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「台風家族」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年9月6日
上映時間 108分
製作会社 木下グループ (制作プロダクション:キノフィルムズ=ブースタープロジェクト)
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング PG-12
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://taifu-kazoku.com/
コピーライト (C)2019「台風家族」フィルムパートナーズ

「台風家族」のみんなのレビュー




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません