• TOP
  • アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年

あんでっどぶらいんどふじみのしょうじょともうもくのしょうねん THE DARK
上映日
2019-04-12

製作国
オーストリア

上映時間
95分

ジャンル
ホラー ファンタジー ドラマ

ここが見どころ

各国のファンタスティック映画祭を席巻した戦慄のダーク・ファンタジー・ホラー。暴力を受け、凌辱された美しき少女ミーナは、その姿を変え人間を食すようになる。そんな彼女が唯一心を許したのは、自分の変わり果てた姿が見えない盲目の少年アレックスだった。主役のミーナを演じるのは、子役から始まり、TVシリーズなどでキャリアを築いてきたナディア・アレクサンダー。共演は『Marvel アイアン・フィスト』のトビー・ニコルズ、「ヒトラーに屈しなかった国王」のカール・マルコヴィクス、「夏をゆく人々」のマルガレーテ・ティーゼル。監督・脚本は、本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。
各国のファンタスティック映画祭を席巻した戦慄のダーク・ファンタジー・ホラー。暴力を受け、凌辱された美しき少女ミーナは、その姿を変え人間を食すようになる。そんな彼女が唯一心を許したのは、自分の変わり果てた姿が見えない盲目の少年アレックスだった。主役のミーナを演じるのは、子役から始まり、TVシリーズなどでキャリアを築いてきたナディア・アレクサンダー。共演は『Marvel アイアン・フィスト』のトビー・ニコルズ、「ヒトラーに屈しなかった国王」のカール・マルコヴィクス、「夏をゆく人々」のマルガレーテ・ティーゼル。監督・脚本は、本作が長編デビューとなるジャスティン・P・ラング。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2019』にて上映。

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」のストーリー

母と二人暮らしの少女ミーナ(ナディア・アレクサンダー)は、母が連れ込む男の薄汚い目が嫌いだった。ところがある夜、男は母だけでは飽き足らずミーナに襲い掛かってくる。ミーナは抵抗するが、半死の状態にまで殴られ、森の中に捨てられてしまう。だが、死んだと思われたミーナは姿を変え、人の肉を食べながら生き延びていた。ミーナが隠れ住む森に足を踏み入れた者は町に戻ることはなく、一帯は“デビルズ・デン(悪魔の巣)”と呼ばれ、いつしか人々は寄り付かなくなっていた。そんなある日、森に凶悪な指名手配犯が逃げ込んでくる。ミーナは犯人の男を捕らえて殺害するが、その男は人質として盲目の少年アレックス(トビー・ニコルズ)を連れていた……。

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」の写真

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」のスペック

基本情報
ジャンル ホラー ファンタジー ドラマ
製作国 オーストリア
製作年 2018
公開年月日 2019-04-12
上映時間 95分
配給 「アンデッド/ブラインド」上映委員会
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ドルビーSRD
公式サイト https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2019
コピーライト (C) MMXVIII Dor Film

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」のみんなのレビュー

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」のレビューを書く

「アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年」の上映スケジュール