• TOP
  • サンセット

サンセット

さんせっと SUNSET
上映日
2019-03-15

製作国
ハンガリー フランス

上映時間
142分

ジャンル
歴史劇 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「サウルの息子」のネメシュ・ラースローによるドラマ。1913年、イリスはブダペストの高級帽子店で働くことを夢見てやってくる。そこは彼女の亡くなった両親が遺した店だった。だが、今のオーナーに追い返されてしまう。さらに彼女に兄がいたことを知る。出演は、「サウルの息子」のユリ・ヤカブ、「エリザのために」のヴラド・イヴァノフ、「リザとキツネと恋する死者たち」のモーニカ・バルシャイ。ヴェネチア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞、第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表作品。
「サウルの息子」のネメシュ・ラースローによるドラマ。1913年、イリスはブダペストの高級帽子店で働くことを夢見てやってくる。そこは彼女の亡くなった両親が遺した店だった。だが、今のオーナーに追い返されてしまう。さらに彼女に兄がいたことを知る。出演は、「サウルの息子」のユリ・ヤカブ、「エリザのために」のヴラド・イヴァノフ、「リザとキツネと恋する死者たち」のモーニカ・バルシャイ。ヴェネチア国際映画祭国際批評家連盟賞受賞、第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表作品。

専門家レビュー

批評家。映像作家 金子遊
ブダペストにきて高級帽子店で働くイリスのそばにカメラが貼りつき、彼女の正面、側面、後ろ姿をフレーム内におさめながら、その視点から見える光景を撮影していく。ダルデンヌ兄弟を思わせるその撮影手法によって、観客は混沌とした都会の現実のなかから、イリスが置かれている状況や、両親と兄と彼女に起きた過去を想像しながら観ることをうながされる。この方法論が時代劇でも効果的であることに驚く。主観でも客観でもない映画カメラの、対象との距離感についても再考させられる。
映画評論家 きさらぎ尚
ラースロー監督のデビュー作「サウルの息子」は、主題の衝撃と併せて、主人公の一人称目線といったらいいか、カメラの位置が気になっていた。それは今作も。ヒロインのイリスの目線として、1913年のブダペストから、歴史の出来事を映す。ただそれらは、冒頭部分で彼女が帽子のヴェールを上げて、テーマを暗示するも、はっきりとは見えない。それだけに難解ではあるが、結末のイリスの大きく見開いた曇りのない眼は、しっかり現代を見通している。着想は示唆に富み、果敢な作劇が◎。
映画系文筆業 那須千里
絶妙なタイミングで、然るべき相手と、思わせぶりな一言を交わすのみで、ドラマは展開する。極端に情報を制限された語り口はご都合主義と紙一重だ。ヒロイン個人の視点に即すという意図を理屈としては理解できても、彼女の存在自体が唐突で、物語の進行以上の役割を見出すことが難しい。何度も警告され、立ち去るチャンスを得ながら、なぜ彼女はその場に居続けることができるのか。ヒロインを演じたヤカブ・ユリの強い眼差しは一貫して変わらないが、迷いの無さは観客を突き放す。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    88
    • 感動的な

    ネタバレ

「サンセット」のストーリー

1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めていたころ、ヨーロッパの中心であるブダペストのレイター帽子店で働くことを夢見て、イリス(ユリ・ヤカブ)が店を訪れる。そこは、彼女が2歳のときに亡くなった両親が遺した高級帽子店だったが、現在のオーナーであるブリル(ヴラド・イヴァノフ)は、突然現れた彼女を歓迎することはなく追い返す。オーストリア皇太子も訪れる華やかで憧れの場所に見えた帽子店だったが、裏では王侯貴族に店の女性を捧げているという大きな闇が隠されていた。さらに、イリスには兄がいたことを初めて知るが、その兄カルマンは、伯爵殺しという大事件を起こしていた。イリスは失踪したカルマンを必死に探し始めるが見つからない。やがてカルマンとその仲間たちは、貴族への暴動を起こす。第一次世界大戦前に激動するヨーロッパの渦に巻き込まれていくイリス。彼女は兄とめぐり逢うことができるのか? そして高級帽子店の運命は……?

「サンセット」の写真

「サンセット」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「サンセット」のスペック

基本情報
ジャンル 歴史劇 ドラマ
製作国 ハンガリー フランス
製作年 2018
公開年月日 2019-03-15
上映時間 142分
配給 ファインフィルムズ
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://finefilms.co.jp/sunset/
コピーライト (C)Laokoon Filmgroup – Playtime Production 2018

「サンセット」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    88
    • 感動的な

    ネタバレ

「サンセット」の上映スケジュール