• 映画DB トップ
  • テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生

テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生

てにすのおうじさまべすとげーむすいぬいかいどうばーさすししどおおとりおおいしきくまるばーさすにおうやぎゅう
上映日
2019年4月5日

製作国
日本

上映時間
45分

ジャンル
青春
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

アニメ『テニスの王子様』の数ある名試合のなかから特に人気の高い対戦カードを再びアニメ化する企画の第2弾となる新作OVAの発売を記念して、2週間限定のイベント上映を行う。「乾・海堂vs宍戸・鳳」戦と「大石・菊丸vs仁王・柳生」戦の2話を収録。声の出演は、「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の近藤孝行、「劇場版 遊・戯・王 THE DARK SIDE OF DIMENTSIONS」の高橋広樹、「あした世界が終わるとしても」の津田健次郎、「蒼穹のファフナー」シリーズの喜安浩平。

「テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生」のストーリー

「乾・海堂vs宍戸・鳳」青学対氷帝による関東大会1回戦。D2で先勝した青学は、互いのレベルアップを求めてペアを組んだ乾(声:津田健次郎)と海堂(喜安浩平)を送り出す。しかし、レギュラー落ちから這い上がった氷帝・宍戸(楠田敏之)とそれを支えた鳳(浪川大輔)は、わずかな隙もない。青学ペアは大量リードを許してしまうが、貪欲な試合を繰り広げる。青学の怒涛の反撃の末、各々が満足できる試合の結末とは……?「大石・菊丸vs仁王・柳生」青学は関東大会決勝まで上り詰め、念願の全国大会行きを決める。決勝戦では、全国No.1王者・立海と対戦する。怪我から復帰した大石(近藤孝行)と菊丸(高橋広樹)の黄金ペアも復活し、第2試合に出場する。だが、期待高まるなか始まった試合では、柳生(津田英佑)のレーザービームと仁王(増田裕生)の詐欺にかき乱される。ペア結成の日を思い出し、奮闘する黄金ペアは、ダブルスの無限の可能性を見せつける。

「テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生」のスペック

基本情報
ジャンル 青春
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年4月5日
上映時間 45分
製作会社 (アニメーション制作:M.S.C/制作:NAS)
配給 松竹メディア事業部
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD
公式サイト http://tenipuri.jp/bestgames/
コピーライト (C)許斐 剛 / 集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト

「テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    86
    • かっこいい

    ネタバレ

「テニスの王子様 BEST GAMES!! 乾・海堂vs宍戸・鳳/大石・菊丸vs仁王・柳生」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。