ガルヴェストン

がるべすとん GALVESTON
上映日
2019年5月17日

製作国
アメリカ

上映時間
91分

ジャンル
アクション ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ニック・ピゾラットの犯罪小説『逃亡のガルヴェストン』を「マレフィセント」のエル・ファニング、「インフェルノ」のベン・フォスター主演で映画化。病に冒された殺し屋ロイは、彼を切り捨てた組織に反旗を翻し、傷ついた娼婦ロッキーを連れて逃避行に出る。監督は、「イングロリアス・バスターズ」などに出演する女優メラニー・ロラン。出演は、ドラマ『リバーデイル』のリリ・ラインハート、「それでも夜は明ける」のアデペロ・オデュイエ、「ファミリー・ツリー」のボー・ブリッジス。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    アウトローと「聖なる娼婦」の物語、または、死を直視した悪人が善行に目覚める物語の類型に属するストーリーだが、主演ふたりの身体と表情を的確にとらえる演出と、ロケ地の風土を空気ごとつかみ取っているかのような映像により、類似作品とは一線を画す、独特の情感あふれる作品に。犯罪映画らしからぬ音楽の選択も正解。「女性ならでは」とか「ヨーロッパ人ならでは」とかあまり言いたくないのだけれど、メラニー・ロランのセンスがはっきりと打ち出された映画なのは間違いない。

  • 映画評論家

    内藤誠

    アメリカの犯罪小説を原作にしたジャンル映画。ベン・フォスターとエル・ファニング主演のロードムーヴィーでもあるのに、「俺たちに明日はない」とは全く感触がちがう。演出がメラニー・ロランでフランス的映像感覚と暗さが全篇に漂い、フィルムノワールの娯楽性を楽しむというよりはアート系作品の感じ。不治の病ではなかったのに、ベンが終始、酒とタバコを口にしながら、咳こんでいるのも、暗い要因だ。キメのこまかい演出や演技、編集もいいので、カルトなファンにはお薦め。

  • 映画評論家

    平田裕介

    舞台は88年の米国。人によって違うと思うが、自分的には同国が同国らしかったギリギリの頃だと思っている。で、映し出されるのはアメリカ原風景を存分に感じさせるモーテル、ダイナー、バー、国道といったものばかり。というわけで、ウィリアム・エグルストンやスティーヴン・ショアの写真集を眺めているような94分。主人公の病をめぐる皮肉なオチや意外と現実的な逃避行の収束など、爽快感がまったくないのもなんだか染みる。ただ、ベン・フォスターは80年代を生きる男に見えず。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    70

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年5月13日に投稿
    83
    • 手に汗握る
    • セクシーな

    ネタバレ

「ガルヴェストン」のストーリー

故郷を捨て裏社会で生きてきたロイ(ベン・フォスター)は、ボスの勧めで病院へ行く。そこで、白く靄がかかった自分の肺のレントゲン写真を見せられ、命の終わりが近いことを悟った彼は、死への恐怖に追い込まれ、苛立ちを募らせていく。ある夜、いつものようにボスに命じられるまま“仕事先”へ向かったロイは、突然何者かに襲われる。組織に切り捨てられたことを知ると、とっさに相手を撃ち殺し、その場に囚われていた若い女(エル・ファニング)を連れて逃げる。ロッキーと名乗る女は、家を飛び出し、行くあてもなく身体を売って生きてきたという。組織から追われる身となった二人は、果てなき逃避行に旅立つ……。

「ガルヴェストン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ガルヴェストン」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019年5月17日
上映時間 91分
配給 クロックワークス
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://klockworx-v.com/galveston/
コピーライト COPYLIGHT 2018 EMERALD SHORES LLC – ALL RIGHTS RESERVED

「ガルヴェストン」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    70

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年5月13日に投稿
    83
    • 手に汗握る
    • セクシーな

    ネタバレ




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません