• TOP
  • 探偵なふたり:リターンズ

探偵なふたり:リターンズ

たんていなふたりりたーんず THE ACCIDENTAL DETECTIVE 2: IN ACTION
上映日
2019-03-16

製作国
韓国

上映時間
116分

ジャンル
コメディ サスペンス・ミステリー
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

マンガ喫茶の店長とベテラン刑事のコンビが活躍する「探偵なふたり」の続編。念願の探偵事務所を開業させたデマンとテス。だが、高額の成功報酬を提示された最初の依頼は、結婚を控えた男性の不審死に端を発し、やがて彼らを前代未聞の窮地に落とし込んでいく。デマンとテスを、前作に続きクォン・サンウとソン・ドンイルが演じ、元サイバー捜査隊のヨチ役で「フィッシュマンの涙」のイ・グァンスが初参加。監督は「肩ごしの恋人」「女は冷たい嘘をつく」のイ・オンヒ。
マンガ喫茶の店長とベテラン刑事のコンビが活躍する「探偵なふたり」の続編。念願の探偵事務所を開業させたデマンとテス。だが、高額の成功報酬を提示された最初の依頼は、結婚を控えた男性の不審死に端を発し、やがて彼らを前代未聞の窮地に落とし込んでいく。デマンとテスを、前作に続きクォン・サンウとソン・ドンイルが演じ、元サイバー捜査隊のヨチ役で「フィッシュマンの涙」のイ・グァンスが初参加。監督は「肩ごしの恋人」「女は冷たい嘘をつく」のイ・オンヒ。

専門家レビュー

批評家。映像作家 金子遊
以前ミステリーの脚本を書いていたので、トリックや推理にはうるさい方だ。妻子を抱える中年男性によるバディもので、喜劇的な作品としておもしろく見たが、推理オタクの探偵が観察眼によって「流行らない中華料理店の料理人」を推理する件は、ありきたりで弱い。軽いタッチの作品なのはわかるが、犯人の動機から主人公に逆さに推理させるのはご法度だろう。現場に残された物証で観客も一緒に推理できるようにすべき。いくら元刑事でも、警察が捜査に動いてくれる現実感もわかない。
映画評論家 きさらぎ尚
推理オタクと休職刑事の凸凹コンビに、元サイバー捜査隊のレジェンドが賑やかしとして加わり、トリオに。クォン・サンウとソン・ドンイルの、二人の快調なコンビネイション+新参のズッコケぶりは、そこそこ面白い。にしても二人が揃って妻に頭が上がらないのは不思議。コミカルな探偵物語を意図してのことだろうが、その分キレが不足。二人のキャラを工夫したらドラマが締まったかもと考えつつ、70年代の日本のTVドラマ、萩原健一と水谷豊の探偵コンビの愉快さを思い出す。
映画系文筆業 那須千里
コメディとシリアスの合わせ技バディムービー。続篇となる本作では、コメディリリーフとしての様相が目立つ超長身俳優イ・グァンスが加わって、コメディ映画としてのルックはさらに強化。肝心の事件は養護施設にまつわる犯罪で今日性も高いが、一方のコメディパートはコテコテ風味で、ギャグレベルの敷居はびっくりするほど低い。そのバランスの歪さゆえもはやこれが探偵ものである必要があるのかどうかという根本的な疑問に至る。ドリフターズや新喜劇のノリを楽しめるかどうかが鍵。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    88
    • 笑える

    ネタバレ

「探偵なふたり:リターンズ」のストーリー

マンガ喫茶店長のカン・デマン(クォン・サンウ)と、広域捜査隊のレジェンドと呼ばれた刑事ノ・テス(ソン・ドンイル)は、念願の探偵事務所をオープン。しかし、現実は厳しく、なかなか依頼主が現れない。生活費まで圧迫されるようになったふたりは、警察署にまで密かに営業をかける始末。そんなある日、ようやく努力が実り、最初の依頼人が現れる。成功報酬は5千万ウォン。自信満々に仕事を引き受けるふたりだったが、結婚を控えた男性の不審死に端を発した事件は想像を絶する展開に発展。次々に不審な事故死を遂げる容疑者たち、そして残された謎のメッセージ“ドクサ”。ふたりの助っ人として加わった元サイバー捜査隊のエース・ヨチ(イ・グァンス)と共に難事件に挑むなか、3人の前に巨大組織が立ちはだかる……。

「探偵なふたり:リターンズ」の写真

「探偵なふたり:リターンズ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「探偵なふたり:リターンズ」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ サスペンス・ミステリー
製作国 韓国
製作年 2018
公開年月日 2019-03-16
上映時間 116分
配給 ツイン
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://tantei-movie2.com/
コピーライト (C) 2018 CJ E&M CORPORATION, CREE PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED

「探偵なふたり:リターンズ」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    88
    • 笑える

    ネタバレ

「探偵なふたり:リターンズ」の上映スケジュール