ホットギミック ガールミーツボーイ

ほっとぎみっくがーるみーつぼーい
上映日
2019年6月28日

製作国
日本

上映時間
119分

ジャンル
ラブロマンス 青春 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

相原実貴による人気少女漫画『ホットギミック』を、「21世紀の女の子」を手がけた山戸結希の監督、乃木坂46の堀未央奈主演で映画化。女子高生の成田初は、今や人気モデルとなった幼馴染の梓、初の弱みを握る亮輝、ある秘密を抱える兄・凌の間で揺れ動く。初めての恋に悩む成田初を堀未央奈が、同じマンションに住む橘亮輝を「貞子」の清水尋也が、数年ぶりに再会した幼馴染・小田切梓を「僕に、会いたかった」の板垣瑞生が、3歳上の兄・成田凌を「全員死刑」の間宮祥太朗が演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    松崎健夫

    無機質な印象を与える建築物を、彼女/彼たちの住まいとすることで心象風景を生み出している。彼らは自身の内面が“からっぽ”であることに、ある種のコンプレックスを抱いているが、視覚的にもそのように見えるのはロケーションの審美眼に依るものだ。山戸結希監督は過去作品と同様に、観客が登場人物に対して抱く想いを拒絶するかのようにシーンとシーンの繋がりを没却し、登場人物の感情そのものを分断させている。身体は純潔だが心は乱れたヒロイン不安定さの源泉はそこにある。

  • 映画文筆系フリーライター

    千浦僚

    他にないものを見せようという作り手の熱と野心に圧倒された。実際それを実現してることにも。執拗なインサートカットや音楽の貼り付けが的確な効果かどうかは不明だが映像表現を新たに行なおうという意志がある。ベッドでスマホテレビ電話のテレフォンペッティングをするときの正しい編集、切り返しを知ってるか。本作はそれを知ってる。そういうものをもこの映画は作り出す。反=安全牌的な姿勢の横溢。それは生の激動極まりない不可逆な一季、青春を過ごす者の物語に相応しい。

  • 映画評論家

    北川れい子

    「溺れるナイフ」の舞台となった自然がいっぱいの風土は、若い主人公たちの無自覚な欲望といらだちを、痛みと共に解放していたが、今回は海はあっても無機質なコンクリートの世界、その上、閉鎖的で限りなくミニマムな空間での初恋の絡み合い、観ているだけでかなり息苦しい。何度も出てくる高層マンションの外階段でのおしゃべりは、宙ぶらりんの主人公たちの宙ぶらりんの関係の場としてイミがあるのだろうが、結論を出さないと前に進めないという現代っ子の短急さを見せられてもね。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    86
    • おしゃれな
    • 可愛い

    ネタバレ

「ホットギミック ガールミーツボーイ」のストーリー

女子高生の成田初(堀未央奈)は両親や優しい兄・凌(間宮祥太朗)、元気な妹・茜(桜田ひより)とごく普通に暮らしていたが、ある日、同じマンションに住む橘亮輝(清水尋也)に弱みを握られ、彼の無茶な命令に振り回されてしまう。そんな中、数年前に突如引っ越していった幼馴染の小田切梓(板垣瑞生)が帰ってくる。今では人気モデルとなり遠い存在のように思っていた梓が以前と変わらず自分を守ってくれ、自ずと惹かれていく初。亮輝に邪魔されながらも梓と付き合うことになり幸福感に包まれるが、梓にはある目的があった。さらに兄・凌の秘密を知り、これまで通りにはいられず、初は戸惑ってしまう。昔から憧れていた梓、口は悪くても励ましてくれる亮輝、いつも守ってくれる凌。そんな3人の間で初は揺れ動く……。

「ホットギミック ガールミーツボーイ」の写真

「ホットギミック ガールミーツボーイ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ホットギミック ガールミーツボーイ」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス 青春 ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年6月28日
上映時間 119分
製作会社 「ホットギミック」製作委員会(東映=VAP=AOI Pro.=ソニー・ミュージックエンタテインメント=小学館=KAMITSUBAI RECORD=Y&N Brothers=読売新聞社)(製作プロダクション:東映東京撮影所=AOI Pro.)
配給 東映
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://www.hotgimmick-movie.com/
コピーライト (C)相原実貴・小学館/2019「ホットギミック」製作委員会

「ホットギミック ガールミーツボーイ」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    86
    • おしゃれな
    • 可愛い

    ネタバレ




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 10/24

丹波哲郎(2006)

八甲田山 完全版

劇場版「八甲田山」ではカットされた、徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンを追加した「八甲田山」完全版。映画の上映から5年後、昭和57年10月6日の日本テレビ「水曜ロードショー」で初放送された。2014年4月19日より、東京・恵比寿 東京都写真美術館にて開催された「山岳映画:特集上映-黎明期のドイツ映画から日本映画の名作まで-」にて35ミリニュープリントを上映。

天皇の世紀

幕末から明治維新の激動の時代を描いた大佛次郎の歴史小説を、1971年に朝日放送がドラマ化した全13話の作品を劇場公開。「七人の侍」の志村喬、「トラ・トラ・トラ!」の田村高廣など豪華キャストに加え、山本薩夫、今井正、三隅研次、篠田正浩などの巨匠たちが監督した大作。なお、作者他界により、原作は未完に終わった。
八千草薫(2019)

MIFUNE:THE LAST SAMURAI

“世界のミフネ”こと俳優・三船敏郎の偉業とその波乱に満ちた生涯に迫るドキュメンタリー。香川京子、司葉子らの共演者を始め、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシといった巨匠まで、三船に魅せられた人々の言葉からその魅力を解き明かす。監督は「収容所の長い日々/日系人と結婚した白人女性」でアカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を受賞したスティーブン・オカザキ。

ゆずり葉の頃

一枚の画への想いを胸に軽井沢へ来た老母と周囲の人々が織りなす現代のメルヘン。監督・脚本は、故・岡本喜八監督夫人にして映画プロデューサーの中みね子(岡本みね子)。76歳にして挑んだ初監督作品。出演は八千草薫、風間トオル、岸部一徳、仲代達矢ほか。2014年10月31日より、鳥取県米子市ガイナックスシアターにて2週間先行公開。2015年5月全国公開。