桃源郷ラビリンス 生々流転

とうげんきょうらびりんすせいせいるてん
上映日
2019年10月25日

製作国
日本

上映時間
94分

ジャンル
ファンタジー ドラマ

ここが見どころ

日本のおとぎ話の一つである『桃太郎』をモチーフにしたメディアミックスプロジェクトの小説、舞台に続く映画版。岡山の古民家カフェ『桃源郷』の店主・吉備桃太郎は、あの桃太郎の生まれ変わりらしい。そんな彼に惹かれ、様々な事情を抱えた客がやって来る。出演は、舞台『弱虫ペダル』の鳥越裕貴、TV『ウルトラマンX』の高橋健介、「メサイア 幻夜乃刻」の杉江大志。監督は「アタシラ。」のヨリコジュン。

「桃源郷ラビリンス 生々流転」のストーリー

岡山市街地にある古民家カフェ『桃源郷』の若き店主・吉備桃太郎(鳥越裕貴)には、本人も半信半疑の秘密があった。それは、彼があの伝説の《桃太郎》の転生体であるということ。そんな面倒見のよい彼に惹かれるように、カフェには、ワケアリの人々が日々集まってくる。押しかけ店員の犬養津与志(杉江大志)は《犬》、常連客となった大学生・楽々森類(遊馬晃祐)は《猿》、ミステリアスな珠臣樹里(山本一慶)は《雉》。さらには“別の物語”にまつわる人物たちも現れ……。そして、桃太郎の幼なじみにして親友・大和尊(高橋健介)との時空を超えた因縁とは……。

「桃源郷ラビリンス 生々流転」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「桃源郷ラビリンス 生々流転」のスペック

基本情報
ジャンル ファンタジー ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年10月25日
上映時間 94分
製作会社 2019 映画桃源郷ラビリンス製作委員会(ダブルアップエンタテインメント=HIROPRO=東映ビデオ=ビザビジョン) (制作プロダクション:ダブルアップエンタテインメント/制作協力:ビデオプランニング)
配給 トリプルアップ
公式サイト http://tougenkyo-labyrinth.com/
コピーライト (C)岡山ヒロミ / 桃源郷ラビリンス (C) 2019 映画桃源郷ラビリンス製作委員会

「桃源郷ラビリンス 生々流転」のみんなのレビュー

「桃源郷ラビリンス 生々流転」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。