凪待ち

なぎまち
上映日
2019年6月28日

製作国
日本

上映時間
124分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「孤狼の血」の白石和彌が香取慎吾を主演に迎えて贈るヒューマン・サスペンス。日々を無為に過ごしていた木野本郁男は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓の故郷で人生をやり直すことを決意。だが、度重なる不幸に、郁男は次第に自暴自棄になってゆく……。共演は「虹色デイズ」の恒松祐里、「新聞記者」の西田尚美、「万引き家族」のリリー・フランキー。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    松崎健夫

    ごく普通に生きること、労働すること、そんな当たり前のことさえままならない日本の現状が物語の骨格を成している。そして高校生に「俺はここから出れねぇだけだ」という諦念を語らせることで地方の現実を悟らせてもいる。この映画に登場する男たちは「あの時、ああしていれば」という後悔を抱えた者ばかり。〈美しい波〉という名を持つ少女は、そんな男たちの心に“凪”を導く存在だ。これまで誰も見たことの無いような香取慎吾にも“凪”の訪れを感じさせる終幕は、厳しくも美しい。

  • 映画文筆系フリーライター

    千浦僚

    香取慎吾がいま新たに生きなおしているというどうしてもこちらに入ってくる芸能界的な情報を逆手にとって、もっと大きな再生に重ねた映画。人の営みの小ささ凡庸さが翳りとともにあらわれてそれを軽んじることを許さない。見甲斐がある。そもそも加藤正人のオリジナル脚本、人物造型が優れている。たしかにギャンブル狂というのは汚れとピュアさを併せ持つ人種だ。「熱い賭け」のジェームズ・カーン、「フェニックス」のレイ・リオッタを想う。あと吉澤健と寺十吾がもう最高っす。

  • 映画評論家

    北川れい子

    もう若くない主人公の居場所探し!? 言っちゃあなんだが、これほどヨソヨソしい白石作品は初めて。加藤正人のオリジナル脚本は、あえて東日本大震災の爪痕の残る石巻を舞台に設定し、主人公は恋人の故郷であるこの見知らぬ土地で、悲劇に巻き込まれるというのだが、演じる香取慎吾の神妙、かつかしこまった演技が取っつきワルく、しかも周囲に引っ張られてばかり。足場を持たずに生きてきた男の、人生の正念場ドラマにしてもヨソヨソしく、そもそもこの作品の狙いからして曖昧。

みんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年2月6日に投稿
    90
    • 泣ける
    • 考えさせられる

    ネタバレ傑作

    ギャンブル&アルコール依存症でだらしない男、郁男役・香取慎吾がいい。喧嘩ばかりする男で「ディストラクション・ベイビーズ」を思い出した。香取慎吾は新たに芸域を広げた。 主な登場人物全員にドラマがある加藤正人脚本がいい。傑作。
  • EIGA FAN

    2019年6月24日に投稿
    93
    • 感動的な
    • かっこいい
    • 考えさせられる

    ネタバレ

「凪待ち」のストーリー

日々を無為に過ごしていた木野本郁男(香取慎吾)は、ギャンブルから足を洗い、恋人・亜弓(西田尚美)の故郷・石巻で人生をやり直す決意を固める。だが、亜弓の娘・美波(恒松祐里)から亜弓との結婚について尋ねられても、仕事もせずにぶらぶらしている自分の境遇を考えると、結婚を言い出すことのできない郁男。辿り着いた石巻には、末期がんに侵されながらも漁師として働く亜弓の父・勝美(吉澤健)が待っていた。亜弓の実家で勝美や美波と一緒に暮らすことになった郁男は、近所の小野寺(リリー・フランキー)とも親しくなる。仕事も見つかり、印刷会社で働き始めた郁男はある日、同僚に誘われ、競輪のノミ屋を訪れる。自分は賭けをしなかったものの、同僚たちにアドバイスをしたことで、再び血が騒ぎ始める。そんなある日、亜弓と喧嘩した美波が家を飛び出してしまう。心配した亜弓と共に探しに出る郁男だったが、些細なことから口論になり、亜弓を車から下ろしてしまう。だが、その夜遅く、亜弓は遺体となって戻ってきた。郁男と別れた後、何者かに殺害されたのだ。亜弓の死に責任を感じる郁男。さらに、会社でのトラブルに巻き込まれ、仕事もクビになってしまう。次々と訪れる不幸に郁男は、“自分がいると、悪いことが舞い込んでくる”と自暴自棄になってゆく……。

「凪待ち」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「凪待ち」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019年6月28日
上映時間 124分
製作会社 キノフィルムズ
配給 キノフィルムズ
レイティング PG-12
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://nagimachi.com/
コピーライト (C)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

「凪待ち」のみんなのレビュー

  • 絶対色気値

    2020年2月6日に投稿
    90
    • 泣ける
    • 考えさせられる

    ネタバレ傑作

    ギャンブル&アルコール依存症でだらしない男、郁男役・香取慎吾がいい。喧嘩ばかりする男で「ディストラクション・ベイビーズ」を思い出した。香取慎吾は新たに芸域を広げた。 主な登場人物全員にドラマがある加藤正人脚本がいい。傑作。
  • EIGA FAN

    2019年6月24日に投稿
    93
    • 感動的な
    • かっこいい
    • 考えさせられる

    ネタバレ




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません