さよならくちびる

さよならくちびる
上映日
2019年5月31日

製作国
日本

上映時間
116分

ジャンル
ラブロマンス 青春
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「坂道のアポロン」の小松菜奈と「チワワちゃん」の門脇麦が音楽デュオを演じるロードムービー。ハルとレオの音楽デュオ・ハルレオは、ローディ兼マネージャーのシマとともに7都市を回る解散ツアーに出発する。しかし初日からレオが遅刻し、険悪なムードに。監督は、「抱きしめたい 真実の物語」の塩田明彦。出演は、「キセキ あの日のソビト」の成田凌。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    「月光の囁き」「害虫」など、塩田監督の初期作品には、ヒリヒリするような甘美な痛みがあり、クセになるほど面白かったものだが、今回はその痛みに寛容さと共存が加わって、その変化が小気味いい。音楽で結ばれた娘同士とマネージャーの若者。決してナマ臭い関係にはならない故に、思いのすれ違いが不協和音を招き……。孤独と沈黙の行動がステージ上の演奏をリアルにして、歌も自然体。ロードムービー仕立てなのも浮遊感となっている。2人の女優が素晴らしく、成田凌もいい。

  • 映画評論家

    千浦僚

    常套が意識もさせぬうちに避けられるときその映画は美しい反語となる。女ひとり男ふたりの三角関係は映画で多く観られるがそれよりもはるかにフラジャイルな女ふたり男ひとりのトリオが旅をする。ロードムービーの移動の感覚が誘う解放感や楽天性は、それが解散ツアーであるという宣言と、画面に移動感を出さないことによって封じられる。三人の自閉と拒絶は逆のものへの渇望を示す。そして観るうちに観客が醸成する想いのとおり、題名にもあるさよならの語は心地よく裏切られる。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    門脇麦と小松菜奈は車窓の外を見ている。スクリーン上で、門脇は上手、小松は下手、そして運転する成田凌は下手を向いている。三人が“同じ方向を向いていない”のは、座席位置から考えれば当然のことなのだが、物語が進んでゆく中で座るポジションは変化している。どうやら三人の関係性や感情の変化を、各々の顔の向きによって視覚化しようと試みているのだ。いつしかフロントガラス側にカメラを向けることで、三人は正面を向いている。つまり彼らは“同じ方向を向いている”のだ。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    90

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年6月3日に投稿
    95
    • 感動的な
    • おしゃれな

    ネタバレ

「さよならくちびる」のストーリー

ハル(門脇麦)とレオ(小松菜奈)からなる音楽デュオ・ハルレオは、ローディ兼マネージャーのシマ(成田凌)とともに、全国7都市を回るツアーへ出発する。最後のライブでハルレオは解散することを決めていた。解散ツアーの初日となる2018年7月14日、別行動をとったレオがライブに遅刻する。険悪なムードの中、レオは「今日が何の日かくらい憶えているよ」と、ハルに小さな封筒を押し付ける。しばらくして、何事もなかったかのようにハルレオはステージに立つ。その日は、ハルがレオに初めて声をかけた日だった。バイト先のクリーニング工場で上司に叱られ、むくれていたレオを、ハルが音楽をやろうと誘ったのだ。その瞬間からずっと孤独だった二人の心は共鳴し、レオは音楽を奏でる喜びを知る。二人は路上で歌うようになり、少しずつ人気が出てくる。ハルレオはライブツアーに出るためローディを探し、そのとき、元ホストのシマが名乗りを上げた。地方ライブの集客も増え、若い女性を中心に人気が広がっていくが、誰も予期しなかった恋心が芽生えたことがきっかけで、3人の関係はこじれていく。さらに、曲作りにかかわらないレオは、音楽をやる意味を見失っていく。各々が想いをぶつけ合い、名曲と名演奏が生まれていくが、溝は深くなり、ついに解散するまで心が離れてしまう。三重、大阪、新潟、山形、青森と思い出のあるライブハウスを巡り、いよいよ北海道・函館のラストライブへと向かうが……。

「さよならくちびる」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「さよならくちびる」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス 青春
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年5月31日
上映時間 116分
製作会社 「さよならくちびる」製作委員会(ギャガ=カルチュア・エンタテインメント=マッチポイント)(製作幹事:ギャガ/制作プロダクション:マッチポイント)
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://gaga.ne.jp/kuchibiru/
コピーライト (C)2019「さよならくちびる」製作委員会

「さよならくちびる」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    90

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2019年6月3日に投稿
    95
    • 感動的な
    • おしゃれな

    ネタバレ

「さよならくちびる」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/28

カレン・ギラン(1987)

野性の呼び声

100年以上にわたって愛され続けた、ジャック・ロンドンの名作小説をもとに、人類未踏の地に挑戦する男と犬の、壮大な冒険と限りない友情を描いた、感動のスペクタクル・アドベンチャー。主人公ソーントンを演じるのは、「スター・ウォーズ」のハン・ソロを演じたハリソン・フォード、監督は「リロ&スティッチ」「ヒックとドラゴン」の監督、クリス・サンダース。

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。
エド・ハリス(1950)

トップガン マーヴェリック

沈黙のレジスタンス ユダヤ孤児を救った芸術家

2007年に84歳で亡くなった“パントマイムの神様”マルセル・マルソーの知られざる半生に迫るヒューマンドラマ。1942年、ドイツ軍がフランス全土を占領するなか、マルセルは険しく危険なアルプスの山を越えて、123人のユダヤ人孤児をスイスへと逃がそうとする。出演は「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「TENET テネット」のクレマンス・ポエジー。監督は「ハンズ・オブ・ストーン」のジョナタン・ヤクボウィッツ。

NEW今日命日の映画人 11/28

該当する人物がいません