輝ける人生

かがやけるじんせい FINDING YOUR FEET
上映日
2018年8月25日

製作国
イギリス

上映時間
114分

ジャンル
コメディ ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」のリチャード・ロンクレイン監督による人生賛歌。順風満帆の人生を送っていたサンドラは、35年寄り添った夫の浮気現場を目撃、傷心のまま姉の家に転がり込む。ある日、姉はサンドラをダンス教室へ無理やり連れて行く。主演のサンドラを演じるのは「ヴェラ・ドレイク」「パレードへようこそ」のイメルダ・スタウントン。共演は「ターナー、光に愛を求めて」のティモシー・スポール、「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」シリーズのセリア・イムリー。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    金子遊

    老年者向けの月刊誌に、4年半のあいだ「シネマの中の高齢者」という連載をしていた。なので、このジャンルには実はうるさい方だ。本作でも描かれるように、退職後の第二の人生を豊かにするキーワードは「サークル活動」と「恋愛」だろう。その両者を通してヒロインが自分自身を発見する物語は、堂々と王道をいっている。映画を通じてシミュレーションをくり返してきたから、今から老後が楽しみで仕方がない。映画鑑賞はほどほどにして、残りの人生を謳歌するつもりでいる。

  • 映画評論家

    きさらぎ尚

    親友と夫との、浮気の現場を妻が目撃して以後、ほぼ予想通りに展開し、恋あり友情ありで流れに逆らわず結末に至る。だからといって、がっかりすることはない。物語にはアルツハイマー病に介護、住宅事情、病気と終末医療、終活など、シニア世代の多くの人が思いわずらうであろう事情が、巧みに織り込まれていて、共感多々。もちろんベテラン俳優のアンサンブルの良さがあってのこと。シニア映画という分類があるとすれば、名優の国イギリスは近年、世界をリードしている。

  • 映画評論家

    那須千里

    リチャード・ロンクレイン監督は「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」でシニアジャンルにおける頭角を表したが、本作はその適性を決定づけたと言っていい。親でも祖父母でもない、現在進行形で歳を重ねつつある等身大の男女の姿がそこにはある。もちろん「パワフルな高齢者」というだけでなく、心身の衰えや迫り来る死も同じように描かれる。そこで一役買うのがダンス。キレキレのパフォーマンスよりも魂の解放を感じさせるステージがいい。高齢女性が泳ぎに集まる野外の池は妙案。

みんなのレビュー

「輝ける人生」のストーリー

35年寄り添った夫がナイトの称号を授与され“レディ”となったサンドラ(イメルダ・スタウントン)。順風満帆の人生だったが、記念すべき日に夫と親友の浮気現場を目撃。傷心を抱えながらサンドラは大きな荷物を担ぎ、ロンドンに住む姉ビフ(セリア・イムリー)の家に転がり込む。金や名誉とは無縁のビフは、なんでも話せる親友のチャーリー(ティモシー・スポール)やダンス教室の仲間に囲まれ、人生を心から謳歌していた。そんなある日、妹を心配する姉は、サンドラをダンス教室へ無理やり連れて行く。気の進まないサンドラだったが、音楽とダンスは、かつてダンサーを目指したこともある彼女の心を癒し、忘れかけていた恋と情熱を思い出させるのだった。街でダンス、ロンドンでデート、友達とパーティー、そしてローマへの旅へ……。サンドラは、少しずつ勇気をもらいながら、息苦しい世界から抜け出していく……。

「輝ける人生」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「輝ける人生」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 イギリス
製作年 2017
公開年月日 2018年8月25日
上映時間 114分
配給 アルバトロス・フィルム(提供:ニューセレクト)
レイティング PG-12
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://kagayakeru-jinsei.com/
コピーライト (C) Finding Your Feet Limited 2017

「輝ける人生」のみんなのレビュー

「輝ける人生」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/27

小山明子(1935)

インターミッション

取り壊しが決まった名画座・銀座シネパトスを舞台に、映画の休憩時間に交わされる会話劇によるブラックコメディ。本作のために、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが集結した。出演は、「透光の樹」の秋吉久美子、「ヒミズ」の染谷将太、「まあだだよ」の香川京子ほか。監督は、本作が劇場用映画初監督となる樋口尚文。スクリーンサイズはシーンによりシネスコ、ビスタ、スタンダードと変化。

テレビに挑戦した男・牛山純一

テレビ草創期から活躍した名プロデューサー、牛山純一の生涯を関係者インタビューで振り返り、テレビが抱える問題を問いかけるドキュメンタリー。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」の監督、佐藤真が10年越しの企画を実現した。証言者として、大島渚夫人で女優の小山明子(「日本の夜と霧」)などが登場。
上白石萌音(1998)

トロールズ ミュージック★パワー

「ボス・ベイビー」のドリームワークスが贈る、音楽好きな妖精の世界を舞台にした3Dアニメ。トロールズが暮らすポップ村の女王ポピーのもとに、ロック村の女王バーブから手紙が届く。この世界に別の仲間がいることを知ったポピーたちは胸を躍らせるが……。声の出演は、「ピッチパーフェクト」シリーズのアナ・ケンドリック、「女と男の観覧車」のジャスティン・ティンバーレイク。

楽園(2019)

吉田修一の『犯罪小説集』を「64 ロクヨン」の瀬々敬久が映画化。ある地方都市で起きた幼女失踪事件をきっかけに知り合った孤独な青年・豪士と紡は、それぞれの不遇に共感し合う。だが事件から12年後、再び同じY字路で少女が姿を消し、事態は急変する。出演は、「怒り」の綾野剛、「十二人の死にたい子どもたち」の杉咲花、「64 ロクヨン」の佐藤浩市、「居眠り磐音」の柄本明、「チワワちゃん」の村上虹郎。