デス・ウィッシュ

ですうぃっしゅ DEATH WISH
上映日
2018年10月19日

製作国
アメリカ

上映時間
107分

ジャンル
アクション バイオレンス ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

1974年製作のアクション作「狼よさらば」を、ブルース・ウィリス主演、「ノック・ノック」のイーライ・ロスの監督によりリメイク。外科医ポールの留守中に家族が襲撃され、妻は殺され娘は昏睡状態に。一向に捜査が進展せず、ポールは自ら復讐に乗り出す。外科医と処刑人2つの顔を持つポールをブルース・ウィリスが演じるほか、「マグニフィセント・セブン」のヴィンセント・ドノフリオ、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のエリザベス・シューらが出演。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    かなりいいなと思うのは、主人公の妻と娘が強盗に出くわすまでの部分と、主人公の喪失感を念入りに描写している部分。そのあたりの重さや、主人公と弟とのドラマと並べると、結末の不思議な(コミカルでさえある)軽やかさが不釣り合いに思える。ほかにも、主人公の性格と行動の乖離とか、いまいち納得行かないところは多いけど、ガンアクションつき復讐劇として気軽に楽しむには悪くない。模倣犯の登場に、原作者の精神がちらりと覗く。銃社会としての米国が体感できる映画でもある。

  • 映画評論家

    内藤誠

    同じ原作をマイケル・ウィナーが監督した「狼よさらば」では主演のチャールズ・ブロンソンに男の哀愁があって適役だと思ったが、ブルース・ウィリスの方も家族を殺された復讐に燃える男を熱演。新作では、救急救命医となっていて、「正義」のために殺人を犯したあと、隠れる場所も安全。ソーシャルメディアの使い方も新しいし、上流階級の家と犯人たちのいるシカゴの掃き溜めの街との対比も絶妙。ロス監督は同時期公開の児童ものの映画化よりもダーティな世界の描写に向いている。

  • 映画評論家

    平田裕介

    イーライ・ロスが「狼よさらば」をリメイク。どうしたって期待するわけだが、タッチは中道寄り。彼が本領を発揮していいはずの妻子が襲われるシーンはなんとも陰惨度が低く、それゆえに憤怒する主人公カージーと観ているこちらの気持ちはなんとなしに乖離してしまう。ブルース・ウィリスも序盤は復讐に戸惑う普通の男を演じているが、中盤から無双の処刑人に。オリジナル・シリーズ5本におけるカージーの異様な過激化をこの一本でやってのけるのは少し残念だが嫌いじゃない。

「デス・ウィッシュ」のストーリー

犯罪が多発し、シカゴの街は警察の手に負えない無法地帯と化す中、外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は犯罪に巻き込まれた救急救命の患者を診ている。患者の生死に立ち会い続ける彼にとって、幸せに満ちた家庭だけが唯一の平穏の地だった。しかしポールの留守中に何者かが家を襲撃し、妻を失い、娘は昏睡状態に陥ってしまう。警察の捜査は一向に進展せず、怒りの限界を超えたポールは自らの手で復讐を果たすべく、銃を取り危険な街へ繰り出していく。

「デス・ウィッシュ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「デス・ウィッシュ」のスペック

基本情報
ジャンル アクション バイオレンス ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018年10月19日
上映時間 107分
配給 ショウゲート
レイティング R-15
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://deathwish.jp/
コピーライト (C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

「デス・ウィッシュ」のみんなのレビュー

「デス・ウィッシュ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。