• TOP
  • ソローキンの見た桜

ソローキンの見た桜

そろーきんのみたさくら
上映日
2019-03-22

製作国
日本

ジャンル
ラブロマンス 歴史劇 戦争 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初の捕虜収容所をモチーフにした、日露合作の悲恋物語。弟を戦争で亡くしロシア兵を憎む日本人看護師ゆいは、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることに。いつしか惹かれ合う二人だったが、彼には密命があった。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ソローキンの観た桜』を映画化。監督はオールロシアロケ作品「レミニセンティア」の井上雅貴。「2つ目の窓」「海を駆ける」の阿部純子が、ロシア人将校と運命的な出会いをする日本人看護師とその子孫のTVディレクターの二役を演じる。2019年3月16日より愛媛県先行ロードショー。
日露戦争時代に愛媛県松山市に設けられた全国初の捕虜収容所をモチーフにした、日露合作の悲恋物語。弟を戦争で亡くしロシア兵を憎む日本人看護師ゆいは、ロシア兵将校ソローキンの手当てをすることに。いつしか惹かれ合う二人だったが、彼には密命があった。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門グランプリに輝いたラジオドラマ『~松山ロシア人捕虜収容所外伝~ソローキンの観た桜』を映画化。監督はオールロシアロケ作品「レミニセンティア」の井上雅貴。「2つ目の窓」「海を駆ける」の阿部純子が、ロシア人将校と運命的な出会いをする日本人看護師とその子孫のTVディレクターの二役を演じる。2019年3月16日より愛媛県先行ロードショー。

専門家レビュー

いま、なんで日露戦争絡みのお話なのか? まさか、日ロが、北方領土を棚上げしたまま平和条約を進めようとしていることへの後押しでもなかろうが。それはともかく、説明的な言葉や演技が眼につくわりに、人物像の描き方が稀薄で底が浅い。ソローキンは、ロシアの第一革命に加担してスパイ活動をしているというのだが、それも説明だけ。となると、あとは、日本の看護婦との恋の物語だけになる。日露戦争では、日本も太平洋戦争では無視した捕虜の保護をしたというのが唯一の教訓か。
映画評論家 上島春彦
実話というか史実に触発された物語、ということかな。斎藤工は真相を知っていて阿部純子をロシアに連れて行ったのだろうか、どうも分からない。編集で切ったのかな。そうしたもやもやは欠点だが、他は面白い。特に恋人たちが歳月を隔てて日記で再会するというコンセプトが秀逸だ。脚本家はこの趣向で「いける」と思ったのだろう。帝政からロシア革命へ、という時代の動向に愛媛松山市民の進取の気性が相まって、明治というより何かもっと現代的な物語を、この映画は紡ぎ出している。
映画評論家 吉田伊知郎
日本とロシアを股にかける監督に相応しい企画かつ、どちらかの国を過剰に顕彰する作りになっていないので安堵。ロケーションも良く、時代の再現ぶりやルックも凝っているだけに、現代パートが不要に思える。捕虜収容所ものとして正面からドラマを作ることが出来る材料が揃っているだけに、終盤の怒濤の展開がモノローグで処理されてしまうのは拍子抜け。「孤狼の血」に続いて阿部純子が魅力的なこともあり、全部とは言わないまでもサスペンス豊かなメロドラマになり得たはず。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月18日に投稿
    82
    • 感動的な
    • 泣ける

    ネタバレ

「ソローキンの見た桜」のストーリー

2018年、新人TVディレクターの桜子(阿部純子)は先輩・倉田(斎藤工)の指示によりロシア人墓地の取材を皮切りにロシアにいくことになるが、興味を持てない。そんな中、祖母・菊枝(山本陽子)から、自身のルーツがロシアにあることを教わる。祖母の手元には、日露戦争時代に看護師をしていた先祖・ゆいの日記が残されていた。ロシア兵と日本人看護師の日記を紐解いていくうちに、桜子はある事実を知る……。日露戦争時代。ゆい(阿部純子/二役)は弟・健二を戦争で亡くしロシア兵を許せずにいたが、ロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになる。当時、世界から一流国として認められるため、日本はハーグ条約遵守を意識し、ロシア兵捕虜のアルコールの購入や外出などの自由を認めており、松山市民とロシア兵捕虜は交流を深めていく。ロシア兵を憎む一方でソローキンの寛大な心や女性を敬う考え方に惹かれていくゆい。ソローキンもまた、ゆいの心の奥の悲しみを取り除きたいと願い始める。しかしソローキンが捕虜となったのはある密命のためであり、ロシア革命に加わろうと収容所を脱出し帰国することにした彼はゆいも連れて帰ろうとするが……。

「ソローキンの見た桜」の写真

「ソローキンの見た桜」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ソローキンの見た桜」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス 歴史劇 戦争 ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019-03-22
製作会社 ソローキンの見た桜製作委員会(制作プロダクション:INOUE VISUAL DESIGN)
配給 KADOKAWA=平成プロジェクト
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト https://solokin-movie.com/
コピーライト (C)2019ソローキンの見た桜製作委員会

「ソローキンの見た桜」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月18日に投稿
    82
    • 感動的な
    • 泣ける

    ネタバレ

「ソローキンの見た桜」の上映スケジュール