夜明け(2019)

よあけ
上映日
2019年1月18日

製作国
日本

上映時間
113分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

是枝裕和・西川美和の監督助手を務めた広瀬奈々子の監督デビュー作。ある日、哲郎は川辺で倒れている青年を見つけ、自宅で介抱する。哲郎は青年を自ら経営する木工所に連れて行き、仕事を教える。二人は信頼関係を築いていくが、青年はある秘密を抱えていた。出演は、「響 HIBIKI」の柳楽優弥、「映画 深夜食堂」シリーズの小林薫。第23回釜山国際映画祭コンペティション(ニューカレンツ部門)出品。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    夜明けの川岸に倒れていた若い男は、釣りに出た中年男に助けられ、そのまま彼の世話を受けるが、偽りの名前を告げるだけで、自分から意思表示をすることもない。庇護する者と庇護される者、二人の関係はそこから始まるが、それは周辺の者も巻き込んで時間とともに変化する。変化の中で、それぞれは、以前とは異なる貌を見せ始める。それが、さらなる関係の変化をもたらす。というように、本作は、人と人との関係の変容を動因とする劇であることに徹底して極めてスリリングだ。

  • 映画評論家

    上島春彦

    まとまっているが不満が残る。とりわけ主人公が最後に見据える夜明けの意味が理解不能。評価は留保する。彼が周囲を侮辱してまで守りたかった「自分の名前」がそんなに大したものだとはとても思えないのだ。これを中二病という。でも二四歳で中二病というのは問題じゃないかと思う。俳優のアンサンブルはとても良く特に堀内敬子と小林薫の再婚に関する温度差がとても面白い。ここに割り込む主人公の位置も良く出来ていて最後まで飽きさせないが、でももう大人になれよ、と言いたい。

  • 映画評論家

    吉田伊知郎

    新人監督らしからぬ風格を感じさせるが、長回しも含めてダルデンヌ兄弟を意識しているとおぼしく、描写力の弱さを補填した感あり。小林をはじめYOUNG DAISも鈴木常吉も近作で際立った演技をそのまま借り受けてきたようでプラスαが欲しい。柳楽の得体の知れない存在感は突出し、ガス漏れ死亡事故での殺意をめぐる主人公の感情という「日本春歌考」を思わせる設定も良いだけに、感情部分の起伏が小林も含めて不鮮明に感じた。日暮れや夜明けの場面には観るべきものあり。

みんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    70

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    82
    • 感動的な

    ネタバレ

「夜明け(2019)」のストーリー

ある日、川辺を歩いていた哲郎(小林薫)は、水際に倒れている青年(柳楽優弥)を見つける。やもめ暮らしの哲郎は青年を自宅に連れて帰り、介抱する。青年は“シンイチ”と名乗る。やがて、哲郎は自分で経営している木工所にシンイチを連れて行き、技術を教える。周囲も彼のことを受け入れていく。しかし、シンイチは本名を明かせないある秘密を抱えており、哲郎にもまた、決して忘れられない過去があった……。

「夜明け(2019)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「夜明け(2019)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年1月18日
上映時間 113分
製作会社 「夜明け」製作委員会バンダイナムコアーツ=AOI Pro.=朝日新聞社(制作プロダクション:AOI Pro./企画協力:分福)
配給 マジックアワー
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://yoake-movie.com/
コピーライト (C)2019「夜明け」製作委員会

「夜明け(2019)」のみんなのレビュー

  • ユーザA

    2020年4月8日に投稿
    70

    ネタバレ

  • EIGA FAN

    2020年2月3日に投稿
    82
    • 感動的な

    ネタバレ

「夜明け(2019)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。