• TOP
  • ハンターキラー 潜航せよ

ハンターキラー 潜航せよ

はんたーきらーせんこうせよ HUNTER KILLER
上映日
2019-04-12

製作国
アメリカ

上映時間
122分

ジャンル
アクション ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「ワイルド・スピード」シリーズの製作陣による潜水艦アクション大作。ロシアのバレンツ海で米海軍原潜が消息不明に。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜ハンターキラーが捜索に向かい、沈んだロシア原潜を発見。そのころ、ロシアである陰謀が進行していた。出演は、「ジオストーム」のジェラルド・バトラー、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のゲイリー・オールドマン、「ミレニアム」シリーズのミカエル・ニクヴィスト、「グローリー 明日への行進」でアカデミー賞歌曲賞を受賞したコモン。監督は、「裏切りの獣たち」のドノヴァン・マーシュ。
「ワイルド・スピード」シリーズの製作陣による潜水艦アクション大作。ロシアのバレンツ海で米海軍原潜が消息不明に。ジョー・グラス艦長率いる攻撃型原潜ハンターキラーが捜索に向かい、沈んだロシア原潜を発見。そのころ、ロシアである陰謀が進行していた。出演は、「ジオストーム」のジェラルド・バトラー、「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」のゲイリー・オールドマン、「ミレニアム」シリーズのミカエル・ニクヴィスト、「グローリー 明日への行進」でアカデミー賞歌曲賞を受賞したコモン。監督は、「裏切りの獣たち」のドノヴァン・マーシュ。

専門家レビュー

翻訳家 篠儀直子
ロシアの大統領と国防相が、例によってなぜ英語で会話しているのかとかあるけれど、潜水艦内のシーンも、地上の特殊部隊のシーンも、ディテールからちょっとした言動まで「なるほど!」と思わせるリアリティがあり、それが全篇の緊迫感を支える。勝手なイメージかもしれないが、頭脳戦やクライマックスのまさかの決着方法は、イギリス映画ならではの面白さだと思える。ジェラルド・バトラーを筆頭に、この人の下で働きたいと心底思わせてくれるリーダーが、複数登場するのもうれしい。
映画監督 内藤誠
国防省のクーデターで人質になったロシア大統領を第3次大戦の恐れがあるとしてアメリカの攻撃型原潜ハンターキラーが救出に向かうという途方もないストーリー。久しぶりの潜水艦もので、技術的には進歩している。だが、この一見、派手なサスペンス・アクションの核はジェラルド・バトラーが演じる、海軍兵学校も出ていないジョー・グラス艦長の言動である。原作者の一人が元原潜の艦長で、世界の破滅が個人の力量にかかっているという設定。それはさておき、彼は理想の上司だ。
ライター 平田裕介
潜水艦だけを舞台にした話になっておらず、米特殊部隊による露大統領救出作戦がガッツリ絡んでくる。ラフでイージーなノリだが、潜水艦映画とコマンドもの両ジャンルの醍醐味を味わえるお得感があるし、スリルの配分もどちらかに偏っていない。まさかジェラルド・バトラーの艦長が、銃を手に陸に上がってしまうんじゃないかとも危惧したがそれはなし。米露の海の男たち、露大統領とその警護、特殊部隊の隊員たちと、それぞれに仁義、忠義、敬意のドラマを配しているのも悪くない。

「ハンターキラー 潜航せよ」のストーリー

ロシアのバレンツ海で米海軍原潜タンパ・ベイが消息不明になる。統合参謀本部議長チャールズ・ドネガン大将(ゲイリー・オールドマン)の指示を受けた米国防総省のジョン・フィスク少将(コモン)は、ジョー・グラス艦長(ジェラルド・バトラー)率いる攻撃型原潜“ハンターキラー”を捜索へ送り込む。国家安全保障局のジェーン・ノーキスト(リンダ・カーデリーニ)は、コラ半島沖でタンパ・ベイが消えたと聞いて顔色を変える。ロシア大統領がコラ半島に向かっているのだ。ノーキストはフィスクに極秘で偵察部隊を派遣するように示唆され、ネイビーシールズのビーマン隊長(トビー・スティーヴンス)率いる4人の精鋭部隊を派遣する。一方、コラ半島沖に着いたハンターキラーは、沈没したタンパ・ベイを発見する。そのとき、隠れていたロシア原潜から攻撃が。ハンターキラーはグラスの手腕で逆襲に成功し、敵を撃沈する。ハンターキラーはすぐ近くに沈む別のロシア原潜を見つける。シースキャンによると内部から爆発した痕跡がある。エドワーズ副長(カーター・マッキンタイア)は米艦を沈めた連中だと反対するが、グラスは置き去りにされたアンドロポフ艦長(ミカエル・ニクヴィスト)を救出し、捕虜にする。コラ半島に潜入したシールズがポリャルヌイ司令部周辺の映像を米国防総省のモニターへと送信していると、クーデターが勃発。ロシア国防相ドゥーロフ(ミハイル・ゴア)がロシア大統領を秘密裏に拘束し、自分が代行することを軍部に伝え、核戦争も辞さない戦いを始めようとする。米大統領のもと開かれた緊急会議で、空母艦隊を派遣し応戦するべきだと主張するドネガン。大統領もやむなしと認めるが、フィスクが提案したシールズとハンターキラーによるロシア大統領救出作戦も許可する。ロシア海域で敵艦隊と最新水中兵器が待ち受けるフィヨルドを潜航しなければならないハンターキラーは、アンドロポフを案内人にするという禁じ手を使うことに……。

「ハンターキラー 潜航せよ」の写真

「ハンターキラー 潜航せよ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ハンターキラー 潜航せよ」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2019-04-12
上映時間 122分
配給 ギャガ
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト https://gaga.ne.jp/hunterkiller/
コピーライト (C)2018 Hunter Killer Productions, Inc.

「ハンターキラー 潜航せよ」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年4月9日に投稿
    83
    • 怖い

    ネタバレ

「ハンターキラー 潜航せよ」の上映スケジュール