• TOP
  • Bの戦場

Bの戦場

びーのせんじょう
上映日
2019-03-15

製作国
日本

上映時間
90分

ジャンル
ラブロマンス ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

2016年ノベル大賞受賞の同名小説をガンバレルーヤ・よしこ主演で映画化したラブコメディ。“絶世のブス”の香澄は自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働いていたが、突然、自称“意識の高いB専”のイケメン上司・久世からプロポーズされる。監督は、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の並木道子。出演は。「となりの怪物くん」の速水もこみち、「旅猫リポート」の大野拓朗。
2016年ノベル大賞受賞の同名小説をガンバレルーヤ・よしこ主演で映画化したラブコメディ。“絶世のブス”の香澄は自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働いていたが、突然、自称“意識の高いB専”のイケメン上司・久世からプロポーズされる。監督は、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の並木道子。出演は。「となりの怪物くん」の速水もこみち、「旅猫リポート」の大野拓朗。

専門家レビュー

映画評論家 北川れい子
俗言に、“美人は三日で飽きる。ブスは三日で慣れる”というのがある。この映画でお笑いのよしこが演じている主人公は“三日で慣れる”系だが、美人の頭文字もブスと同じB。いずれにしろ、B級ラブコメディとして人畜無害の作品ではある。“絶世のブス”以下、ブスの連発も陰湿さが皆無なのでただの記号ふうで、いや、それでもセクハラ絡みのことばであることは事実なのだが、主人公のキャラに自然体の愛嬌と誠実さがあり、よしこ、役者としても上々。ブス好き上司の方が差別的!?
映画文筆系フリーライター 千浦僚
面白い。本作の作り手が美人不美人の別はないとか、やっぱり心の美しさこそ大事、みたいな話で満足ではないことは、ヒロインが男に“私はブス好きだからあなたが好き”と言われて猛烈に反発するとか、彼女の個性を優しさ推しよりも立派に仕事をすること推しにするあたりにうかがえる。ガンバレルーヤよしこが完全に主役の器で走りきった。宣伝は絶対「美人が婚活~」と協働すべき。男が手前の汚いツラを棚にあげて女性の美醜を評し、それを彼女らの枷にしてきたことを問えばいい。
翻訳家 松崎健夫
挑発的なタイトルに騙されてはならない。どんなに辛いことがあっても常にポジティブな主人公の姿は、〈人は外見によらない〉という別の意味でのステレオタイプを導きながら、人に対する優しさや仕事に対する情熱を至極真っ当に説いてゆくからだ。芸人・よしこの表層的イメージを踏襲させることで、逆説的な〈美〉を感じさせるのは、演じるウェディングプランナーの内面を丁寧に積み重ねて描いている故。「どうせ吉本の映画案件でしょう?」というステレオタイプな揶揄は必要ない。

みんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    88
    • 感動的な

    ネタバレ

「Bの戦場」のストーリー

誰もが認める“絶世のブス”である香澄(よしこ)は自らの結婚を諦め、ウェディングプランナーとして働いている。そんなある日、イケメン上司の久世(速水もこみち)から突然プロポーズされる。自称“意識の高いB専”の久世は香澄のことを「ドブス」と好意をもって言い放つ。事態を受け入れられない香澄は久世を無視して仕事に没頭するが、トラブルに巻き込まれる。さらに、一緒に結婚式を彩るフラワーコーディネーターの武内(大野拓朗)にも好意を寄せられてしまい……。

「Bの戦場」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「Bの戦場」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2019-03-15
上映時間 90分
製作会社 吉本興業(制作:フジテレビジョン=よしもとクリエイティブ・エージェンシー)
配給 KATSU-do
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://b-no-senjou.official-movie.com/
コピーライト (C)ゆきた志旗/集英社 (C)吉本興業

「Bの戦場」のみんなのレビュー

  • EIGA FAN

    2019年3月11日に投稿
    88
    • 感動的な

    ネタバレ