空母いぶき

くうぼいぶき
上映日
2019年5月24日

製作国
日本

上映時間
134分

ジャンル
アクション 戦争 ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

かわぐちかいじの同名コミックを「沈まぬ太陽」の若松節朗監督が映画化。20XX年、日本領土である波留間群島の一部が謎の武装集団に占領された。自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》が出動するが、敵のミサイル攻撃を受け、想定を超えた戦闘状態に突入する。出演は「散り椿」の西島秀俊、「嘘八百」の佐々木蔵之介。脚本は「機動警察パトレイバー」シリーズの伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    ここまで正面きって現代の海上自衛隊の任務と権限、その責任を描いた劇映画はないはず。20××年と時代はボカしているが、描き方次第では現政権寄りの映画になりかねない。幸いというか、当然というか、そういう居心地のワルさはなかったが、ただ半端ではない登場人物の、それぞれの持ち場、立場による言動をあれこれ盛り込み過ぎ、逆に緊張感が散漫に。脚本の絞り方が総花的で、演出も喋ってばかりが目立つ。でも一番ヒドいのは本田翼のお邪魔虫的キャラと演技。チェッ!!

  • 映画評論家

    千浦僚

    テレビばっかり観てたらバカになる。本欄の短評一作品あたりの字数ならこれを十三回繰り返せる。それだけでいいような気もする。テレビばっか観てたらバカになる。バカになるのは楽しいし悪いことでもないと思うけど、このバカベクトルは結構ヤバイんじゃないだろうか。日本人の物事の面白がり方、捉え方がドメスティックすぎて異なる文化から見たら本当に馬鹿かつスケールが小さく、恥ずかしい。ひとを、世界を、バカにしちゃいかんのが映画だと思う。役者は皆可愛かったです。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    この映画は、観客にとって「面白い」か「面白くない」かではなく、「同意できる」か「同意できない」か、という評価に依るだろう。よって、どちらも間違っていないし、どちらも正しくない。劇中「斯様な状況下、あなたならどう判断するか?」と、何度も問われ続けているからだ。例えば、侵攻してくる相手の顔が見えないこと、あるいは、被弾の瞬間にカットが変わることなどに対しての異論もあるだろう。つまりは、軍事的描写に重きを置いていない。至要たるは〈議論〉することなのだ。

みんなのレビュー

「空母いぶき」のストーリー

20XX年、クリスマスイブ前日の12月23日未明。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、日本の領土が占領された。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせる。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》であった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり、国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐(西島秀俊)、そしてそれを補佐する副長は、海上自衛隊生え抜きの新波歳也二佐(佐々木蔵之介)。そんな彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊が出現。想定を越えた戦闘状態に突入していくなか、政府は戦後初めての「防衛出動」を発令。迫り来る敵戦闘機に向け、迎撃ミサイルが放たれる……。

「空母いぶき」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「空母いぶき」のスペック

基本情報
ジャンル アクション 戦争 ドラマ
製作国 日本
製作年 2019
公開年月日 2019年5月24日
上映時間 134分
製作会社 『空母いぶき』フィルムパートナーズ(木下グループ=バンダイナムコアーツ=小学館=毎日放送=エネット=LIFULL=デスティニー)
配給 キノフィルムズ/木下グループ
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://kuboibuki.jp/
コピーライト (C)かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/「空母いぶき」フィルムパートナーズ

「空母いぶき」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 1/20

デイヴィッド・リンチ(1946)

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

デニス・ホッパー/狂気の旅路

個性派俳優でありアメリカン・ニューシネマを代表する「イージー・ライダー」を監督、アーティストとしての顔も持つハリウッドの反逆児デニス・ホッパーの半生を追うドキュメンタリー。関係者の証言や未公開映像を交え、その足跡と映画史における役割を辿る。デニス・ホッパーの大ファンだったニック・エベリング監督が、1970年代初頭から約40年にわたりホッパーの右腕だったサティヤ・デ・ラ・マニトウをはじめ家族や友人・知人らによる数々の証言や、自ら集めた未公開映像をもとに構成。
エヴァン・ピーターズ(1987)

ボーダーライン:ソマリア・ウォー

海賊が蔓延るソマリアで現地取材を行ったジャーナリスト、ジェイ・バハダーの手記を映画化。2008年。伝説のジャーナリスト、シーモアの影響を受けたジェイは、ソマリアの現地取材に向かう。危険な取材の中、使命感を芽生えさせてゆくジェイだったが……。出演は「X-MEN:ダーク・フェニックス」のエヴァン・ピーターズ、「キャプテン・フィリップス」のバーカッド・アブディ、「ワーキング・ガール」のメラニー・グリフィス、「ゴッドファーザー」のアル・パチーノ。

X-MEN:ダーク・フェニックス

特殊能力を持つミュータントたちの活躍を描いた人気シリーズ「X-MEN」第7弾。X-MENの一員であるジーン・グレイが宇宙で事故に遭遇。これによりダークサイドが覚醒し、世界を滅ぼすほどの強大なパワーを持つダーク・フェニックスに変貌する……。出演は前作「X-MEN:アポカリプス」に引き続きジーン・グレイを演じるソフィー・ターナー、「ミスター・ガラス」のジェームズ・マカヴォイ、「エイリアン:コヴェナント」のマイケル・ファスベンダー。「X-MEN:アポカリプス」の脚本を担当するなど、長年にわたってシリーズに携わってきたサイモン・キンバーグが、長編映画初監督を務める。

NEW今日命日の映画人 1/20

オードリー・ヘップバーン(1993)

マイヤーリング

1957年にテレビ番組『プロデューサーズ・ショーケース』の1本として1度だけ全米生放送された作品。以後、目にする機会はなかったが、当時の技術“キネスコープ”で録画されたマスターを復元し、劇場公開が実現した。オードリー・ヘプバーン(「ローマの休日」)とメル・ファーラー(「戦争と平和」)の夫婦共演も話題に。

ローマの休日 製作50周年記念デジタル・ニューマスター版

アメリカン・フィルム・インスティテュートが2000年に発表した“アメリカが生んだ最も素晴らしいラブストーリー ベスト100”の第4位に選ばれた恋愛映画。製作から50周年を迎え、“デジタル・ニューマスター版”として再び公開された。この映画によって、主演のオードリー・ヘプバーンは無名の女優からハリウッド・スターとなった。なお脚本は、当時の赤狩りでハリウッドから締め出されていたダルトン・トランボが、友人のイアン・マクラレン・ハンター名義で初稿を執筆、これにハンターが手を加えたものを、さらにジョン・ダイトンが改稿するかたちで決定稿に至った。初公開時はトランボの名前は伏せられていたが、のちに当時の事情が明らかになり、デジタル・ニューマスター版には新たにトランボの名がクレジットされている。