ヴェノム

べのむ VENOM
上映日
2018年11月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF ホラー アクション
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

マーベルコミックス原作によるダークヒーロー“ヴェノム”の誕生を、トム・ハーディ主演で映画化。敏腕記者エディ・ブロックは、人体実験で死者を出しているというライフ財団の真相を追うなか、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体を発見し、接触してしまう。共演は「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズ、「ナイトクローラー」のリズ・アーメッド、「ザ・ボルト」のスコット・ヘイズ。脚本は「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のスコット・ローゼンバーグ、ジェフ・ピンクナー、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のケリー・マーセル、「L.A. ギャングストーリー」のウィル・ビール。監督は「L.A. ギャングストーリー」のルーベン・フライシャー。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    トムハ演じる主人公が、ジャーナリスト魂はあるけれど、それ以外の局面ではヘタレで腕っぷしもからきし弱い(あの体格で?)設定なのがミソで、VFXもさることながら、主人公とヴェノムのバディ的関係(「寄生獣」や「ど根性ガエル」が思い出されるが、ちなみに原作コミックが出たのは日本のこれらのほうが早い)が魅力の一本。ノワール的な性格の強い、ホラー風味もある映画かと予想していたが意外に明朗。若干のグロみさえ外せば、むしろ子どもたちに喜ばれるタイプの映画かも。

  • 映画評論家

    内藤誠

    マーベル・コミックで人気の悪役、ヴェノムがトム・ハーディに合体するところはトムが「どうなっているんだ」とあわてる演技がコミックで面白く、出だしは快調。地球外生命体ヴェノムは完全にCGなのだが、鋭くむき出す目や無気味な長い舌、くねるように伸びてくる手足により、視覚効果は充分。ジキルとハイドの伝統を踏む物語ながら、両者が同時に存在するので、トム・ハーディに語りかけてくるヴェノムの声が効果的でおかしい。リズ・アーメドが利己中心的資本家を好演する。

  • 映画評論家

    平田裕介

    誰が観ても思うだろうが、ヴェノムの寄生ぶりや変形ぶりが実写版「寄生獣」まんまで既視感炸裂。それでも話がしっかりしてれば無問題だが、彼とハーディが絆を育む経緯がちっとも描かれていないのでバディ・ムービーとしての面白さはまったくなし。ゆえにクライマックスは、汚い軟体生物が暴れているのをボーッと眺めているだけで終わってしまう。こうなるとすべてがダメで、ハーディのヴェノム取り込み演技も寒いだけ、スローモーションを用いたカー・クラッシュもタルいだけ。

みんなのレビュー

「ヴェノム」のストーリー

敏腕ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、人体実験で死者を出しているという噂のあるライフ財団へ取材を開始。だが、実験の被験者との接触により、“シンビオート”と呼ばれる地球外生命体に寄生されてしまう。やがて、エディはこの意思を持った生命体の声が聞こえ始め、自身の体にも大きな変化を感じとる。彼の中で解き放たれた“悪”が、体を蝕み増殖。シンビオートはエディと一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げるのだった……。

「ヴェノム」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ヴェノム」のスペック

基本情報
ジャンル SF ホラー アクション
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018年11月2日
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://www.venom-movie.jp/
コピーライト (C)&TM 2018 MARVEL

「ヴェノム」のみんなのレビュー