クレイジー・リッチ!

くれいじーりっち CRAZY RICH ASIANS
上映日
2018年9月28日

製作国
アメリカ

上映時間
121分

ジャンル
ラブロマンス コメディ ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

アメリカのベストセラー小説を基に、華麗な世界で繰り広げられる女のバトルを活写したラブコメディ。恋人ニックに同行しシンガポールに向かったレイチェル。ニックは実は大富豪の御曹司であり、レイチェルは彼の家族や親戚、嫉妬深い元恋人の間で苦境に立つ。監督は「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」のジョン・M・チュウ。海外ドラマ『フアン家のアメリカ開拓記』のコンスタンス・ウーが、ゴージャスな世界での試練を経て本当の幸せを見つける等身大の主人公を演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    アジア系といえばエキゾチシズムをけばけばしく強調された女性や、セックスアピールをまるで持たないものとして扱われる男性を見せられることが、ハリウッド映画では多かったわけだけれど、この映画に登場する男女優は、アジア人観客も憧れるナチュラルなゴージャスさ。「オーシャンズ8」では活躍を抑えられていた感のあるオークワフィナが、本領を発揮して強烈な印象を残す。エンドロールで流れる彼女のラップのほか、劇中で流れる中国語のジャズやポップスも癖になるかっこよさ。

  • 映画評論家

    内藤誠

    シングルマザーに育てられ、苦労してニューヨーク大学教授になったレイチェル(コンスタンス・ウー)は恋人のニック(ヘンリー・ゴールディング)と彼の故郷シンガポールにやってくるのだが、実はニックが不動産王の御曹司だったというところから、大騒動になる。観光的に美しく撮影されてはいるのだけれど、製作者たちはこの国にシニカルだ。ロケ地もファッションも豪華に見せがら、登場するセレブたちがみんな拝金主義者で、同じアジアの者として、笑いが凍りつく場面もあった。

  • 映画評論家

    平田裕介

    オール・アジア系スタッフとキャストの本作がアメリカで大ヒットしたことは快挙だし、意義があるし、相当な事件だとも思う。ただし、中身自体は格差愛(その差が途方もないレベルだが)を描いたウェルメイドなラブロマンス。そうした華やかな聖林的作品をアジア人でやってのけたことが痛快なのもわかってはいるが。主人公男女の対比的存在として登場する格差婚夫婦をめぐるドラマもなんだか中途半端。親子役で登場するオークワフィナとケン・チョンは持っていきっぱなしで◎。

「クレイジー・リッチ!」のストーリー

ニューヨークで生まれ育ったレイチェルは、親友の結婚式に出席する恋人ニックに同行して、シンガポールへ。初めてのアジア旅行にわくわくする一方で、これまでニックが家族の話題を避けているように感じていた彼女は、彼の家族と対面することに緊張していた。出発の日、空港でファーストクラスに案内され驚くレイチェル。実はニックはシンガポールの不動産王一族の御曹司だった。社交界の女性たちから大人気の彼が恋人として連れてきたレイチェルに、嫉妬深いお嬢様たちは騒然。さらに二人の交際に眉をひそめるニックの母エレナが立ちはだかり、家族や親戚一同、彼の元恋人に囲まれ苦境に立つ。

「クレイジー・リッチ!」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「クレイジー・リッチ!」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018年9月28日
上映時間 121分
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト https://warnerbros.co.jp/movies/detail.php?title_id=54615
コピーライト (C) 2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND SK GLOBAL ENTERTAINMENT

「クレイジー・リッチ!」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 9/24

該当する人物がいません