億男

おくおとこ
上映日
2018年10月19日

製作国
日本

上映時間
116分

ジャンル
ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

川村元気による同名小説を原作に「るろうに剣心」シリーズの大友啓史が、佐藤健と再タッグを組んだドラマ。宝くじで3億円を当てた図書館司書の一男。アドバイスを求めようと大富豪の親友・九十九のもとを訪ねるが、その直後、九十九が3億円と共に失踪する。共演は「空飛ぶタイヤ」の高橋一生、「リップヴァンウィンクルの花嫁」の黒木華、「ルームロンダリング」の池田エライザ、「猫は抱くもの」の沢尻エリカ、「羊の木」の北村一輝、「22年目の告白 私が殺人犯です」の藤原竜也。撮影を「HANA-BI」「フラガール」の山本英夫、音楽を「ALWAYS 三丁目の夕日」「るろうに剣心」の佐藤直紀が務める。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    序盤のパーティーでの主客入り乱れての大はしゃぎには、借金返済のため夜昼働いていた一男(佐藤健)が、宝くじで3億円当てたぐらいで、こんなに調子づくかと、些かシラケたが、高橋一生の九十九と共に消えた3億円を追って、億万長者の間を地獄巡りさながらに動き回るようになって、面白くなった。目一杯の扮装で一男を翻弄する北村一輝や藤原竜也もさることながら、地味な主婦姿の沢尻エリカが、団地の襖や壁に札束を埋め込んでいるのが、物神としての金の正体をよく現していた。

  • 映画評論家

    上島春彦

    それなりにお金がかかっていることは分かる。キャストもゴージャス。しかし話が薄すぎる。オムニバス的構成はいいが、観客の期待を超えるパートはない。大金を手にしたのに地味に暮らす女性に関してはもっと何か出来た気がしてならないのだが。「ホーリー・モータース」風に移動する車の中でキャラクターを変えてしまう藤原竜也とか、北村一輝の肥満したエンジニアとか、細部に惹かれる箇所はあるが、物語のメインとなる「消えた」高橋一生と「追う」佐藤健が、オチも含めありきたり。

  • 映画評論家

    吉田伊知郎

    〈日本人とお金〉という普遍性を持つテーマは良いが、3億の宝くじに当たって右往左往では上方落語の『高津の富』を藤山寛美が松竹新喜劇で『大当たり 高津の富くじ』にアレンジしたのと大差なく、説教臭さまで似てくる。こうなると芝居で引っ張るしかないが、原作者兼プロデューサーもその点は承知しているのか主役以外の男優に怪演してくれそうな連中を並べ(殊に北村一輝は久々にやらかしてくれた)、女優も沢尻・黒木・池田という実力派を用意してくれたので専ら芝居を愉しむ。

みんなのレビュー

「億男」のストーリー

図書館司書の一男(佐藤健)は、兄が3000万円の借金を残して失踪して以来、夜もパン工場で働きながら借金を返済している。だがある日、窮屈に生きることしか選んでいない一男に愛想を尽かした妻の万佐子は、離婚届を残して娘・まどかと共に家を出てしまう。そんななか、突然一男は当選金額3億円という宝くじが当たる。これで借金を返せるだけでなく、家族の絆を修復することができるはず。ところがネットを見ると、宝くじの高額当選者たちはみな悲惨な人生を送っているという記事ばかり。怖くなった一男は、大学時代の親友で、起業して億万長者となった九十九(高橋一生)にアドバイスを求めることに。久しぶりの再会と、九十九プロデュースの豪遊に浮かれて酔いつぶれた一男。だが翌朝目を覚ますと、3億円と共に九十九は姿を消していた。3億円と親友の行方を求めて、一男のお金をめぐる冒険が始まる……。

「億男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「億男」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018年10月19日
上映時間 116分
製作会社 映画「億男」製作委員会(東宝=日本テレビ放送網=アミューズ=トイズファクトリー=読売テレビ放送=KDDI=LINE=ローソンエンタテインメント=ひかりTV=GYAO)(製作プロダクション:東宝映画)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://okuotoko-movie.jp/
コピーライト (C)2018映画「億男」製作委員会

「億男」のみんなのレビュー

「億男」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません