浮世を茶にして

うきよをちゃにして
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「夫の真相」などと同じくウィットマン・ベネット製作ファースト・ナショナル発売の映画で、主役は「ベルス」や「愛国熱」などに主演したライオネル・バリモア氏である。監督は「夫の真相」と同じくケネス・ウェッブ。アーノルド・ベネットの有名な小説に原作を取ったものである。

「浮世を茶にして」のストーリー

ブライアム・ファールという英国の名高い芸術家はこの上もなく社会の称讚とか人の世の恋愛沙汰を忌み嫌う変屈者であった。彼が永年留守にした故郷の家に帰ってみると、己が家の召使いが病気で死んでしまったが、彼はこれを幸いとして召使いの死を己れの死に仕立て社会に発表し、自分が召使いに成りすまして、自分の葬式に臨んで飛んだしくじりをやって式場から追い出されるまでの思い切った狂言をやった。彼はかくして社会の御追従などの繁雑を逃れ得たが、さすがに恋愛沙汰では彼も否み得るほどの非人間的ではなく、かつて結婚媒介所の世話で死んだ本物の召使いが恋人としていたある女に、これは偽りならず心惹かれ、2人は恋の甘さに酔うようになった。社会を避けて己が美術の道を歩む中に、彼の世の常ならぬ仮面もやがて剥げずにはいなかったのである。

「浮世を茶にして」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「浮世を茶にして」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1921
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「浮世を茶にして」のみんなのレビュー

「浮世を茶にして」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 2/28

アンジェラベイビー(1989)

封神伝奇 バトル・オブ・ゴッド

中国古典小説『封神演義』を「イップ・マン」シリーズ監督のウィルソン・イップ製作で映画化。殷の紂王は九尾の狐が化けた美女・妲己に魅了され、操られるままに暴政を行う。仙界最強の道士にして周の軍師・姜子牙は楊戩〈ようぜん〉らを遣わし、乱世を阻止しようとする。出演は、「エクスペンダブルズ」シリーズのジェット・リー、「X-MEN:フューチャー&パスト」のファン・ビンビン、「孫文の義士団」のレオン・カーファイ、「ラスト・シャンハイ」のホァン・シャオミン、「ホワイト・バレット」のルイス・クー。監督は、「ブラック・マスク 黒侠」脚本のコアン・ホイ。アジアンムービーセレクション2017で上映。

ロスト・レジェンド 失われた棺の謎

中国の人気ウェブ小説『鬼吹灯』を映画化したミステリー・アドベンチャー。20年前、愛した女性を失った伝説の盗掘師バーイーとカイシェンは、鉱業会社の古墓発掘プロジェクトで侵入した地下宮殿で次々と魔物に襲われる。さらに宮殿崩落の危機も迫っていた。監督は、「妖魔伝 レザレクション」のウー・アールシャン。出演は、「黒衣の刺客」のスー・チー、「魔界戦記 雪の精と闇のクリスタル」のチェン・クン、「西遊記 はじまりのはじまり」のホァン・ボー、「インデペンデンス・デイ リサージェンス」のアンジェラベイビー。「2017 冬の香港・中国エンターテイメント映画まつり」として上映。

NEW今日命日の映画人 2/28

該当する人物がいません