累 かさね

かさね
上映日
2018年9月7日

製作国
日本

上映時間
112分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ

ここが見どころ

松浦だるまの同名コミックを実写映画化。伝説の女優を母に持ち、天才的な演技力がありながら、醜い容姿を恨み続けて生きてきた累。母は累に、キスした相手の顔を奪える不思議な口紅を遺していた。累は、美貌に恵まれながら花開かずにいる女優・ニナと出会う。監督は、「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。出演は、「となりの怪物くん」の土屋太鳳、「心が叫びたがってるんだ。」の芳根京子、「破門 ふたりのヤクビョーガミ」の横山裕、「ママレード・ボーイ」の檀れい、「幼な子われらに生まれ」の浅野忠信。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    ムチャ振りとしか言いようがない設定のホラーふうサスペンスだが、あり得ない話を実写化するスタッフ、キャストの意欲は買いたい。魔力を持つ1本の口紅。女はもともと口紅の色を変えただけで気分まで変化することがあるが、その口紅を塗ってキスをすると相手の顔をチェンジ、物理的には不可能でも心理的には無きにしも非ず。ただ美醜の交換をする2人の顔の違いがいまいち曖昧で、演技的な区別もメリハリ不足。舞台女優というその舞台がアングラふうなのは、話がアングラ的だから?

  • 映画評論家

    千浦僚

    主演女優ふたりはやりがいがあっただろう。基本的な設定に、演技者として明確な仕事が用意されている。これはこの欄で度々出会う、よく読まれ、その面白さが認められている漫画を原作とする映画のほぼすべてが持っている、根本的な構想やキャラクターの強さだ。容貌の美醜、演劇の肉体性など、そもそも実写化されることに向かうような要素もあった。おもしろい映画になっていた。ただやはりまだ原作漫画の幅や徹底に負けてはいないか。原作漫画に実写映画化が勝つことはないのか。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    〈外見〉と〈内面〉は其々に影響を与えるのか? という命題をもとに、「偽物が本物を超える瞬間」を本作は描いている。トリッキーなアイディアに惑わされがちだが、〝ふたりでひとり〟を演じ分けた土屋太鳳と芳根京子は、「フェイス/オフ」のジョン・トラヴォルタとニコラス・ケイジに匹敵するアプローチを感じさせる。『かもめ』や『サロメ』の物語自体を作品に取り込みながら、登場人物の人生にもなぞらせてゆくという構成もまた、劇中の「虚構が現実を超える瞬間」を導くのだ。

「累 かさね」のストーリー

淵累(芳根京子)は伝説の女優・淵透世(檀れい)を母に持ち、母親ゆずりの天才的な演技力を持って生まれながらも、容姿は母に似ず、顔の大きな傷にも強いコンプレックスを抱いていた。そんな彼女に、母は一本の口紅を遺した。その口紅は、キスした相手の顔を奪い取ることができる不思議な力があった。一方、美貌に恵まれながら、決して他人には言えない理由により花開かずにいる舞台女優・丹沢ニナ(土屋太鳳)は、女優として大成することに異常な執念を募らせていた。ある日、累は、透世に世話になっていたという男・羽生田(浅野忠信)を通じてニナと出会う。互いに自分に足りない部分を埋めるように導かれた二人は、口紅の力を借りて入れ替わることを決断する。ニナの美貌と累の演技力を兼ね備えた完璧な女優“丹沢ニナ”は一躍脚光を浴び始め、二人の欲求は満たされていく。しかし、二人が恋に落ちた演出家・烏合(横山裕)を巡り、秘密の共同作業に亀裂が生じる。

「累 かさね」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「累 かさね」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2018
公開年月日 2018年9月7日
上映時間 112分
製作会社 映画「累」製作委員会(フジテレビジョン=東宝=講談社)(製作プロダクション:共同テレビジョン)
配給 東宝
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://kasane-movie.jp/
コピーライト (C)2018映画「累」製作委員会 (C)松浦だるま/講談社

「累 かさね」のみんなのレビュー

「累 かさね」のレビューを書く