浮気名優

うわきめいゆう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「美しき野獣」「罪じゃないわよ」のメイ・ウェストが主演する映画で、ローレンス・ライリー作の舞台劇に基いて例によってウェストが脚色して台詞を書き改めたもの。監督には「丘の一本松」「久遠の誓い」のヘンリー・ハサウェイが、撮影には「愉快なリズム」のカール・ストラッスが夫々当たった。助演は「クレオパトラ(1934)」のウォーレン・ウィリアム、「メトロポリタン(1935)」のアリス・ブラディ、「少年ドン・キホーテ」のエリザベス・パターソン、「支那ランプの石油」のライル・タルボット、「嵐の三色旗」のイザベル・ジュウェル、新人マーガレット・ペリー等という顔ぶれである。

「浮気名優」のストーリー

映画女優メーヴィス・アーデンは宣伝係のモルガンを連れて、首府ワシントンへ自分の主演映画「浮草の女」の上映に挨拶に出て非常な人気を挙げた。彼女はその夜ハリスバーグというまちへ行かねばならぬ予定になっていたのだが、政治家ハリガンと食事を共にする約束をした。彼女は会社との契約で五年間結婚できないことになっている。モルガンは云ばその監視役として会社から任命されているのである。だから彼はメーヴィスがハリガンと会うのを嫌い、食事の席に新聞記者連を呼び集め記事をとらせ二人の邪魔をした。ハリガンはその時ちょうど選挙に出馬していたのでこのために人気の落ちることを非常に恐れたが、事態はかえって彼に有利に展開して行った。メーヴィスはハリガンとハリスバーグで再会を約して、自動車を走らせた。このことは同行のモルガンには秘密にしておいたが、彼はそれを知って途中自動車が故障を起こした時、彼女をハリガンに合わせないためにこの片田舎の安宿に引き止めようとした。ところがこの宿の前庭を借りてガソリン給油所を経営しているバッドという青年がいた。メーヴィスはこの青年に心を動かして、この宿に滞在する気になった。バッドが機械に興味を持ち、今新しい録音装置の発明に熱中していることを知ったメーヴィスは、彼を誘ってハリウッドへ連れて行く約束をした。モルガンは二人の仲を警戒し、幸い宿の娘ジョイスがバッドの恋人であるのを知り、間もなく二人の子供が生まれるのだと偽ってメーヴィスとバッドの約束を破らせハリスバーグへ発とうとした。ちょうどその時首都からハリスバーグへ電話をかけたハリガンは、交換手の間違いからメーヴィスが誘拐されたと誤解し、警察へ知らせて捜索を開始した。ラジオでこれを知った女中グラディスは、直ぐ警察へ密告したので、たちまた警察隊が駆けつけ何も知らぬモルガンを逮捕した。この時になって初めて、メーヴィスはモルガンが彼女の邪魔ばかりするのは、監視の役目よりも、実は心の中で自分を愛しているからだということを知って、二人は固く相擁したのであった。

「浮気名優」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「浮気名優」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「浮気名優」のみんなのレビュー

「浮気名優」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/3

安井昌二(2014)

小梅姐さん

「炭坑節」や「黒田節」など多くの民謡をヒットさせ、NHK紅白歌合戦でも美声を聞かせた芸者出身の歌手・赤坂小梅の生誕100周年を記念して製作されたドキュメンタリー。生まれ育った筑豊や芸者修行に励んだ北九州など彼女ゆかりの地を訪ね、数々の記録映像や関係者へのインタビューを交え、歌一筋に生きた彼女の生涯に迫る。監督は『ハイビジョンふるさと発~有明海に生きるカメラマンの物語~』などのドキュメンタリー番組を数多く手掛けた山本眸古。ナレーションを「悪名」の水谷八重子、作曲・音楽アドバイザーを「上方苦界草紙」の本條秀太郎が担当した。赤坂小梅。本名、向山コウメは明治39年(1906)年4月、福岡県川崎町に9人兄姉の末っ子として生まれる。16歳の時に自ら芸者を志し北九州の置屋「稲本」に。通常1年間の芸者修行を3ヶ月でこなし、1年で芸者デビュー、“梅若”を名乗る。昭和4(1929)年、九州一円の民謡研究のため小倉を訪れていた野口雨情、藤井清水らに認められ、レコードデビューを果たし、同6年に上京。同8年、コロムビアから発売した「ほんとにそうなら」が大ヒット。以来、端唄、舞踊小唄などを含め、多くの流行歌や民謡をレコーディングしヒットさせた。NHK紅白歌合戦にも4回出場、その豪放磊落な性格から多くの文化人や政・財界人などに愛され、大衆から支持された。酒豪でも知られ、恰幅のいい体型が特徴的だった彼女は昭和56(1981)年4月、75歳で引退。晩年は民謡の普及や福祉活動に勤しみ、平成4(1992)年1月17日死去。享年85歳であった。

楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女

人の憎しみが生み出す蛇の呪いの恐怖を描いた中篇ホラー。監督は「恋する幼虫」の井口昇。楳図かずお原作の同名コミックを基に、「ホラ~番長 稀人」の小中千昭が脚色。撮影を「着信アリ2」の喜久村徳章が担当している。主演は、「Last Quarter 下弦の月」の中村有沙と「TRICK  劇場版」の成海璃子。尚、本作は「楳図かずお恐怖劇場」の中で、「ねがい」と2本立公開された。楳図かずおデビュー50周年作品。