娘新旧両面鏡

むすめしんきゅうりょうめんきょう
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「霧の裏街」「想い叶うて」に続くコリーン・ムーア嬢主演映画で、ルイス・アレンブラウン氏作の小説に基づいてケーリー・ウイルソン氏が脚色を執筆し、「紅草紙」「恋愛保険」等と同じくミラード・ウイップ氏が監督したものである。ムーア嬢の相手役は新進のドナルド・リード氏が勤め、カスリン・マツガイア嬢、ハラム・クーリー氏、クロードー・クリングオーター氏、バー・マッキントッシュ氏、クラリサセルウイン嬢等が助演している。

「娘新旧両面鏡」のストーリー

米国中が石油熱に浮かされている時、セス伯父さんから18歳の誕生日の祝いに巨大な石油坑を贈られたベレニス・サムマースは、そこから生ずる漠大の利子によって、立派な婦人となるために東部の学校へ赴いた。その途中ベレニスは不図したことから、ポール・カロールという青年と知り合いになった。学校では、雀遊だらけで髪を長く垂げたテキサス生まれの田舎娘としてベレニスは学校友達の嘲笑の的にされた。そればかりか知り合った筈のポールまでもベレニスを敬遠するような態度をとるので彼女は少なからず憤慨し、親友アリスの世話で生まれ変わったようなモダンガールとなり、たちまち学校きっての人気物の美人となった。そしてポールとは更めて恋を語るようになった。ところがある日ポールと逢う約束であるホテルへ出掛けたベレニスとアリスは思いがけな舎監のパーキンス嬢に出くわしたので、やむなくエームスという男の部屋に隠れた。するとアリスの両親アルトウオルド判事夫妻が所用のためエームスに会いに来たので面食らったアリスはベレニスをエームスの妻だと両親に紹介した。ベレニスはアリス親娘と共に去ったが、その夜再びベレニスとエームスとはアルトウオルド判事邸で夫婦として、来合わせたカロールに紹介された。大切な愛人には誤解され、判事は夫婦中が良くないと咎められ進退谷まったベレニスは、寝巻のまま深夜公園を徘徊して警官に捕らわれた。しかし警官に送られてカロールの家へ行ってベレニスは委細を物語って彼の誤解をとき、改めて2人は抱き合う仲となった。

「娘新旧両面鏡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「娘新旧両面鏡」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1927
製作会社 ファースト・ナショナル映画
配給 ファースト・ナショナル支社
レイティング

「娘新旧両面鏡」のみんなのレビュー

「娘新旧両面鏡」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/23

ジェイミー・キング(1979)

大脱出3

シルヴェスター・スタローン主演のアクション第3弾。秘密監獄・悪魔砦から、何者かに誘拐された社長令嬢救出の依頼を受けた脱獄のプロ、レイ・ブレスリンは、仲間と共に行動を開始。ところが、レイのパートナー、アビゲイルが悪魔砦に拉致されてしまう。共演は「アベンジャーズ/エンドゲーム」のデイヴ・バウティスタ、「パシフィック・リム:アップライジング」のマックス・チャン。メガホンを取ったのは、「ボビーZ」のジョン・ハーツフェルド。

大脱出2

シルヴェスター・スタローン扮する脱獄のプロが難攻不落の監獄に挑むアクション第2弾。警備会社を設立し後進育成に励むブレスリンだったが、スタッフが行方不明に。コンピューター制御された監獄ハデスに囚われた仲間を救うため、自ら収監され脱獄を試みる。監督は「マローダーズ/襲撃者」のスティーヴン・C・ミラー。元WWEチャンピオンであるデイヴ・バウティスタが新たにスタローンの相棒を務め、前作に続きカーティス・“50セント”・ジャクソンが出演するほか、「イップ・マン 葉問」のホァン・シャオミン、「シン・シティ」シリーズのジェイミー・キングらが新規参戦。
阿部サダヲ(1970)

MOTHER マザー(2020)

大森立嗣が、実在の殺人事件に着想を得て作り上げたドラマ。男たちとゆきずりの関係を持ち、その場しのぎの生活を送るシングルマザーの秋子。そんな母の歪んだ愛に、必死に応えようとする息子・周平。やがて身内からも絶縁された母子は、社会から孤立し……。出演は「コンフィデンスマンJP」の長澤まさみ、「彼女がその名を知らない鳥たち」の阿部サダヲ、オーディションで抜擢され、本作が映画初出演となる奥平大兼。「新聞記者」の河村光庸がプロデューサーを務める。

決算!忠臣蔵

大石内蔵助が残した決算書を元に、赤穂浪士の吉良邸討ち入りをお金の面から描いた山本博文の『「忠臣蔵」の決算書』を映画化。元禄14年、お家再興の望みを絶たれた赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助は、吉良邸討ち入りを計画。だが、その予算には上限があり……。出演は「泣くな赤鬼」の堤真一、「土竜(モグラ)の唄 潜入捜査官 REIJI」の岡村隆史。監督は「忍びの国」の中村義洋。