オーシャンズ8

おーしゃんずえいと OCEAN'S EIGHT
上映日
2018年8月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

スティーブン・ソダーバーグ監督、ジョージ・クルーニー主演の「オーシャンズ11」を元に主要キャラクターをオール女性キャストでリブートする新作。2018年6月8日全米公開予定。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    女性チームにしたからといって、何か革命的なことが映画に起きたわけではないけれど、プロフェッショナルな女たちがきびきびと役割を果たすさまをスクリーンで見るのはそれだけで感動的だ。メトロポリタン美術館やメットガラの様子が見られるのも楽しく、豪華なカメオ出演も多数。大詰めで女優たちが身にまとうドレスの美しさにも陶然とする(それぞれ違うトップ・デザイナーがデザインしている!)。もっとコンパクトにできればと思う部分もあるが、終盤のサプライズがおおいに愉快。

  • 映画評論家

    内藤誠

    どんな痛快な犯罪のアイデアを展開するのかということに期待するシリーズだけれど、今回はソダーバーグ製作、ゲイリー・ロス監督で、サンドラ・ブロックの新指揮のもと、ケイト・ブランシェット以下、元気のいい女たちばかりが集結し、カルティエの警備員をはじめ、男たちを徹底的にコケにするという趣向。タ―ゲットはアン・ハサウェイがNYメトロポリタン美術館のイベントで身につける宝石だから、そこに集うセレブたちのファッションや豪華なパーティの流れと贅沢さも楽しめる。

  • 映画評論家

    平田裕介

    してやられた感はまったくないし、難関らしきものが登場しても次の瞬間にはいとも簡単に解決してしまう。これまでのシリーズ3作のノリをきっちりと受け継いではいるのだが、そんなケイパー・ムービーに魅力を感じられない向きには退屈なだけだろう。ただし、メンバーを全員女性にしたことで醸される華やかさ、カルティエやらプラダやらジバンシィやらのアイテムがひしめくさまには自分のような汚ッサンもときめきはする。良くも悪くもフランチャイズ・ムービーの鑑といったところか。

みんなのレビュー

「オーシャンズ8」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オーシャンズ8」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2018
公開年月日 2018年8月10日
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング
カラー/サイズ カラー
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/oceans8/
コピーライト (C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

「オーシャンズ8」のみんなのレビュー