愛の泉(1954)

あいのいずみ Three Coins in the Fountain
上映日
1954年11月20日

製作国
アメリカ

上映時間
102分

ジャンル
コメディ ラブロマンス

ここが見どころ

在伊中のアメリカ作家ジョン・H・セコンダリの小説より、「真紅の女」のジョン・パトリックが脚色し、「百万長者と結婚する方法」のジーン・ネグレスコが監督する1954年作ロマンティック・コメディ。製作は「真紅の女」のソル・C・シーゲルである。撮影は「悪の花園」のミルトン・クラスナー、音楽は「大砂塵」のヴィクター・ヤングの担当。「一ダースなら安くなる」のクリフトン・ウェッブ、「我が心の呼ぶ声」のドロシー・マクガイア、「アパッチ(1954)」のジーン・ピータース、「忘れじの面影(1948)」のルイ・ジュールダン、「月蒼くして」のマギー・マクナマラ、「裸足の伯爵夫人」のロッサノ・ブラッツイなどが出演する。

「愛の泉(1954)」のストーリー

ある日、アメリカ娘マリア(マギー・マクナマラ)が、ローマに職を得にやって来、彼女を呼びよせたアニタ(ジーン・ピータース)に会った。そして、マリアは、アニタとアメリカ人作家シャドウェル(クリフトン・ウェッブ)の秘書をしているフランセス(ドロシー・マクガイア)が同居している贅沢なアパートに住むこととなった。マリアの初出勤の日、フランセスは2人を自分の車に乗せてやった。彼女は途中、トレヴィの泉で車を止め、泉に銀貨を投げ入れた。泉に銀貨を投げてローマに再び帰りたいと祈ればその望みがかなえられるという伝説があるのだ。その夜、役所の局長夫人主催のカクテル・パーティにマリアもアニタも招かれ、マリアはディノ公爵(ルイ・ジュールダン)に心を惹かれた。アニタは同じ局の伊国人ジォルジォ(ロッサノ・ブラッツイ)とひそかに愛し合っており、ジォルジォから田舎の彼の農場へ招待された。土曜日、2人が乗った車が市を出るとき、局長の車と出合った。局では米伊局員の交際を禁じていた。一方、マリアはディノ公爵からヴェニスへ誘われたが、フランセスも一緒について来たので、公爵はくさってしまった。農場を訪れたアニタは、ジォルジォと離れられぬ仲になったけれど、そのため翌日彼は局規を破ったかどでクビになった。アニタはマリアが密告したと誤解し、アパートを出てジォルジォの家へ行った。しかし失職したジォルジォは結婚することができない。2人は結局別れねばならなかった。マリアはフランセスに智恵をつけられて、ディノ公爵の心を巧みにとらえたが、最後にそのことを告白して公爵をがっかりさせた。フランセスも淋しくなり、帰米するといい出したが、彼女がいなくては困るシャドウェルは彼女に求婚した。しかし、シャドウェルは医師の診断で脳腫と分かり余命の少いことを知って求婚を取り消した。だが、彼女の誠意に打たれて婚約をしなおした。フランセスは失望してアメリカへ帰ろうとするアニタとマリアをトレヴィの泉に呼び、希望はあくまで捨ててはいけないと説いた。そこへ、シャドウェルとディノ公爵と、シャドウェルの骨折りで復職したジォルジォが揃ってやって来た。

「愛の泉(1954)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛の泉(1954)」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1954
公開年月日 1954年11月20日
上映時間 102分
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス[極東]会社
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 ステレオ

「愛の泉(1954)」のみんなのレビュー

「愛の泉(1954)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません