アシュラ(2016)

あしゅら ASURA: THE CITY OF MADNESS
上映日
2017年3月4日

製作国
韓国

上映時間
133分

ジャンル
アクション バイオレンス ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「MUSA-武士-」のキム・ソンス監督が、悪人たちの地獄絵図のような闘いを活写した犯罪アクション。末期ガンの妻の治療費を稼ぐため、市長の悪事の後始末を請け負う刑事ドギョン。やがて市長の不正を暴こうとする検察に弱みを握られ、追い込まれていく。金のために何でもする刑事をキム・ソンス監督と4度目のタッグとなるチョン・ウソンが、彼を利用する悪徳市長を「ベテラン」のファン・ジョンミンが、彼を実の兄のように慕う後輩を「背徳の王宮」のチュ・ジフンが演じる。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    荻野洋一

    都市再開発に巣くう利権、市長-司法-警察の三つ巴の抗争、各陣営のはざまを泳ぎ回る悪徳刑事の主人公。だいたい話はついている(笑)。極辛舌痛のコリアンノワールだ。香港のジョニー・トーを頂点とするこのジャンルで目立つためには、とにかくバイオレンス描写を極辛化するしか方法がない。そして隠し味はいつも〝鬼の目にも涙〟だ。本作も例外ではなく、その塩っ気は相当なもの。ただそこが、ドライとウェットを天才的に使い分けるトー監督と他の作り手を隔てる分岐点である。

  • 映画評論家

    北里宇一郎

    汚職刑事が悪徳市長と検察の間にはさまれてあっぷあっぷ。これがアメリカ映画だったら、最後の最後に知恵を使って大逆転となるんだろうけど、こちらはもうやられっぱなし。その終始受け身のところが、韓国的というかアジア風味というか。登場人物のキャラも、単純一色。悪い奴はひたすら悪い。裏表なく裏ばっか。ゆえに展開はただただ濃厚になっていくばかり。もうこうなったら行き着くところまで行っちまえ、みたいなヤケッパチのカタルシスも感じて。とはいえ、もうちっと頭も使ってよ。

  • 映画評論家

    中西愛子

    悪徳市長の裏仕事を引き受ける汚職刑事が、執拗に市長を追う検事に弱みを握られ板挟みとなり利用されていく。架空の街を舞台に、生き残りをかけた男たちの裏切りの物語が繰り広げられる。クライマックスの地獄絵も凄いが、迫力のカーチェイスや、中盤までの人間描写に緩急あるアクション(ユーモアすら含む)を絡ませリズムをつける渋い演出に唸った。韓国映画の層の厚さを再認識。そして俳優陣が圧巻だ。チョン・ウソン熱演。最近よく見る悪代官顔のクァク・ドウォンが気になる。

みんなのレビュー

「アシュラ(2016)」のストーリー

パク・ソンべ市長(ファン・ジョンミン)は利権と成功のために各所で犯罪をおかし、金に物を言わせてその後始末を刑事のハン・ドギョン(チョン・ウソン)にさせている。末期ガンにかかっている妻の治療費を言い訳に、金を得るために悪事に手を染めるドギョン。そんな彼の弱みを握る検事キム・チャイン(クァク・ドウォン)と検察捜査官ド・チャンハク(チョン・マンシク)は、ドギョンを利用してパク・ソンべ市長の不正を暴こうとする。検察とパク・ソンべ市長に追い詰められていったドギョンは、後輩の刑事ムン・ソンモ(チュ・ジフン)をも悪事に巻き込んでいく。

「アシュラ(2016)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「アシュラ(2016)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション バイオレンス ドラマ
製作国 韓国
製作年 2016
公開年月日 2017年3月4日
上映時間 133分
配給 CJ Entertainment Japan
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://asura-themovie.jp/
コピーライト (C)2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

「アシュラ(2016)」のみんなのレビュー

「アシュラ(2016)」の多彩なBlu-ray/DVD