ウィズダム 夢のかけら

うぃずだむゆめのかけら
上映日
1988年6月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ ラブロマンス

ここが見どころ

社会に対するやり場のない怒りを抱いて銀行強盗を重ねる青年とその恋人の逃避行を描く。製作総指揮はロバート・ワイズ、製作はバーナード・ウィリアムス、監督・脚本・主演は「張り込み」のエミリオ・エステヴェス、撮影は「アイアン・イーグル」のアダム・グリーンバーグ、音楽は「バック・トゥ・スクール」のダニー・エルフマン、編集はマイケル・カーンが担当。出演はほかに「きのうの夜は…」のデミ・ムーア、「スペースキャンプ」のトム・スケリットほか。

「ウィズダム 夢のかけら」のストーリー

23歳の若者ジョン・ウイズダム(エミリオ・エステヴェス)は一所懸命に就職口を探していたが、かつて若気のいたりで起こした車泥棒の前歴のためにどこも受け入てくれなかった。父(トム・スケリット)も母(ヴェロニカ・カートライト)も半ばあきらめ顔であったが、唯一花屋に勤める恋人のカレン(デミ・ムーア)だけが優しい目を注いでいた。ある日ウイズダムは不満のはけ口として、そしてまた負債で苦しむ弱者のためにと銀行強盗を実行する。それはまんまと成功するが心ならずもカレンを巻き込んでしまい、最初は彼の行動を非難する彼女だったが次第に理解を示し、すすんで協力するまでになった。こうして2人の逃避行はアルバカーキーからオマハヘ、FBIや州警察の捜査網をくぐり抜けながら銀行を襲いながら旅する。そして事件を報道するTVや新聞のおかげで2人は半ば英雄となっていた。オマハのモーテルで2人は大歓迎を受けたりするが、FBIのクーパー率いる捜査陣によってモーテルは包囲され、辛くも脱出した2人はカナダとの国境、ミネソタまで逃げ、ついに動転したカレンが殺人を犯してしまった。もはや逃げのびる手だてはなくなり、カレンは狙撃手の弾に倒れた。1人警官隊の前に現れるウイズダムに一斉射撃の砲火が浴びせられ、彼も息絶えた。彼の銃の中に、実弾はこめられていなかったのだが。

「ウィズダム 夢のかけら」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウィズダム 夢のかけら」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1987
公開年月日 1988年6月11日
製作会社 グラッデン・エンタテインメント=キャノン・スクリーン・エンタテインメント作品
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ウィズダム 夢のかけら」のみんなのレビュー

「ウィズダム 夢のかけら」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。