レゴ(R)バットマン ザ・ムービー

れごばっとまんざむーびー THE LEGO BATMAN MOVIE
上映日
2017年4月1日

製作国
アメリカ

上映時間
105分

ジャンル
アクション ドラマ

ここが見どころ

「LEGO(R) ムービー」に続き、レゴのブロック玩具でバットマンの世界を構築したCGアニメ。宿敵ジョーカーが街の乗っ取りを画策。たった一人で街を自警してきたバットマンは、他のヒーローたちと協力し合い悪に立ち向かっていく。3D/2D同時上映。監督は、テレビアニメ『ロボットチキン/スター・ウォーズ エピソード 3』を手がけ、「LEGO(R) ムービー」ではアニメーション共同監督や編集を担当したクリス・マッケイ。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    佐々木敦

    こういうのがあるということすら今回初めて知りました。スピンアウトにも色々あるんだなあと感心しきり。それなりに愉しんで観たけれど、率直に言って、この作品にどんな論評を加えたらいいのか全然わかりません(笑)。実際にはレゴを使ったストップモーションアニメではなくて全篇CGだそうで、そりゃそうだろうなとは思ったが、それって本末転倒なのでは? とも思った。ストーリーは非常にシンプルになっていて、あくまでも主眼は「レゴのバットマン」であることがよくわかる。

  • 映画評論家

    那須千里

    なぜバットマンをレゴに? という素朴な疑問はすぐにどうでもよくなる。過去のバットマンシリーズやアメコミに対するツッコミとパロディにあふれた世界観(さらにそこから新たにドラマを生み出している!)を表現するためには、実写やアニメのリアリズムとは対極にある、ある意味不自由なレゴのフォーマットが最適だったのだ。短い手足に敢えてぎこちなさを残した動き、表情や仕草の作り方が慈愛を誘う。中でもジョーカーのいじらしい可愛らしさといったら身悶えするぐらい。

  • 映画評論家

    山口剛

    レゴで組み立てられたバットマンなんて動きも表情も乏しいので果たしてどうかなと言う不審は、たちまち消し飛んだ。バットマンもジョーカーも饒舌でよく喋るが、ウイットの効いた科白が楽しい。バットマンの性格をひとひねりして練り上げた企画脚本の勝利だろう。特筆すべきはスピード感、疾走感だ。かなりマニアックな作品だが、アニメやアメコミに不案内な私も、M・キートンやJ・ニコルソンを思い浮かべながら楽しんだ。家族愛で締めくくるエンディングも説教臭がなくて良い。

「レゴ(R)バットマン ザ・ムービー」のストーリー

敵意をむき出しにした悪者ジョーカーが街を乗っ取ろうと計画。たった一人で自警していたバットマンだが、ほかの個性豊かなヒーローたちと協力し合い、街を守るため立ち向かっていく。

「レゴ(R)バットマン ザ・ムービー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「レゴ(R)バットマン ザ・ムービー」のスペック

基本情報
ジャンル アクション ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 2017
公開年月日 2017年4月1日
上映時間 105分
配給 ワーナー・ブラザース映画
レイティング 一般映画
アスペクト比 16:9
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/
コピーライト (c)The LEGO Group. ™ & (c) DC Comics. (c) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

「レゴ(R)バットマン ザ・ムービー」のみんなのレビュー

「レゴ(R)バットマン ザ・ムービー」のレビューを書く