ウォンテッド(1986)

うぉんてっど
上映日
1987年5月16日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

大都会を舞台にCIAやFBIの手におえない凶悪犯を捕えて報奨金を手にする男の姿を描くアクション。製作はロバート・C・ピータース、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーサー・サルキシアン、監督・脚本はゲイリー・A・シャーマン、撮影はアレックス・ネボムニアスキー、音楽はジョー・レンゼッティが担当。出演はルトガー・ハウアー、ジーン・シモンズほか。

「ウォンテッド(1986)」のストーリー

強靭な肉体と戦闘知識で、大都会を生きぬく男ニック・ランドル(ルトガー・ハウアー)は、FBIもCIAもお手あげの凶悪犯を捕える報奨金稼ぎだ。国際的な爆弾殺人鬼マラク・ラヒム(ジーン・シモンズ)の捜査に乗り出したCIAのフィリップ・ウォーカー(ロバート・ジローム)は、元同僚のランドルに、さっそく依頼した。1週間の期限内にあげれば4万ドル、殺さず捕えた場合は別に5万ドルという条件だった。ランドルは、親友のクィンツ警部補(ウィリアム・ラス)の協力で起爆装置の手がかりをもつ学生の居所をつかむ。しかしマラクの仲間を殺した件でマラクがランドルを狙っていることを知っていたCIAのリプトン(ジェリー・ハーディン)の妨害で、学生が殺されてしまう。敵からもCIAからも逃れなくてはならなくなったランドルは周囲の目をごまかすため、クィンツに自分を装ってもらい、恋人テリー(メル・ハリス)が待つランドルの船に乗り込んでもらった。これもマラクの手にかかり、クィンツがランドルの身替わりで死んだ。ランドル死亡のニュースが伝わると、マラクは、計画していた化学工場爆破を実行に移した。実現すれば、今世紀一の大爆破事件になる。ついにマラクと対峙するランドル。生かして捕えると賞金は5万ドル多い。しかし、マラクを憎むランドルは、CIAの見守る中、怒りをこめて手榴弾のピンを抜いた。

「ウォンテッド(1986)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウォンテッド(1986)」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1987年5月16日
製作会社 アーサー・M・サルキシアン・プロ作品
配給 大映
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ウォンテッド(1986)」のみんなのレビュー

「ウォンテッド(1986)」のレビューを書く

「ウォンテッド(1986)」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「ウォンテッド(1986)」を観ているあなたにおすすめの映画