ティエリー・トグルドーの憂鬱

てぃえりーとぐるどーのゆううつ THE MEASURE OF A MAN
上映日
2016年8月27日

製作国
フランス

上映時間
93分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヴァンサン・ランドンが社会の厳しさの中で板挟みになる中年男を演じ、第68回カンヌ国際映画祭主演男優賞を獲得した人間ドラマ。失業したティエリーは苦労の末にスーパーの警備員として再就職。不正を告発した従業員が自殺し、会社の厳しい姿勢に疑問を抱く。ステファヌ・ブリゼ監督とヴァンサン・ランドンが「母の身終い」以来のタッグを組んでおり、ブリゼ監督もキリスト教徒の審査員が選ぶ同映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞した。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    荻野洋一

    失業者の再就職先がブラックな業務だったらどうするか? 暗澹たる世相を映す日本映画に似たフランス映画である。主人公はスーパーに再就職するが、万引き客をトッちめたり、レジ係のちっぽけなチョロマカシを告発して得点稼ぎしなければならない。熟練エンジニアだった彼からすれば、プライドをズタズタにされるが、節を曲げずに我を通そうとする。しかし現代映画では、主人公の立派な態度表明では収まらない、ひとつの決断がもたらす宿命の果てにまで帯同したいとも思う。

  • 映画評論家

    北里宇一郎

    「アスファルト」がカウリスマキ・タッチなら、こちらはダルデンヌ兄弟風。リストラされた中年男が、職探しをする姿が淡々と描かれて。この静けさが、主人公の憂鬱とやるせなさをじわじわ沁みさせる。この男の抑えに抑えた感情が、最後にぱっと爆発するが、そこも静けさの範疇の激しさで、かえって余韻を残す。ただどうも、映画のスタイルを優先しすぎという気が。ドキュメンタルな方法に安住して、中身の煮つめ方が不足している感じがする。いい映画だと思うけど、味付けが淡白すぎ。

  • 映画評論家

    中西愛子

    リストラされて失業中の中年男が、再就職をめざす。普通の人々の職という題材、ドキュメンタリー・タッチのスタイルに主人公のみ人気俳優を配す点は、「サンドラの週末」に似ている。主演のヴァンサン・ランドンがいい。社会のパンチを食らい続ける役だが、ベテラン二枚目俳優の愛嬌みたいなものが、役柄に備わる純真な図太さにふと折り重なる時、ひどく悲惨な物語に光明が射す。特に、家族のシーンで見せる魅力には胸を打たれる。監督ステファヌ・ブリゼの人間を切り取る力は本物だ。

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のストーリー

エンジニアとして働いてきた中年のティエリーは、集団解雇の対象となってしまう。ストライキを起こしてでも闘うと息まいていたものの、やはり会社を辞めることに。しかし頑固な性格も災いし、面接はうまくいかず、職業訓練の場では若い人から頑ななところを指摘される。厳しい状況下にある彼にとって、妻や障がいを持つ息子の存在が唯一の救いだった。エンジニア職の希望はかなえられなかったが、ようやくスーパーの警備員の働き口を見つけられたティエリー。それは、客だけでなく従業員にまで監視の目を向けるもので、不正を見つけ次第告発しなければならなかった。ある日、告発された従業員が自殺。ティエリーは会社側の厳しい対応に疑問を覚えるが……。

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 2015
公開年月日 2016年8月27日
上映時間 93分
配給 熱帯美術館
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://measure-of-man.jp/
コピーライト (C) 2015 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA.

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のみんなのレビュー

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」のレビューを書く

「ティエリー・トグルドーの憂鬱」の多彩なBlu-ray/DVD




映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/5

フランキー・ムニッズ(1985)

レーシング・ストライプス

競争馬に仕立てられたシマウマの活躍を描く動物エンタテインメント。監督・原作は「キャメロット」のフレデリック・デュショー。撮影は「スクービー・ドゥー」のデイヴィッド・エグビー。音楽は「ツイステッド」のマーク・アイシャム。美術は「すべては愛のために」のウォルフ・クルーガー。編集は「シンドバッド/7つの海の伝説」のトム・フィナン。出演は「アイ,ロボット」のブルース・グリーンウッド、「マリー・アントワネットの首飾り」のヘイデン・パネッティーア、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のM・エメット・ウォルシュ、「アメリカン・プレジデント」のウェンディー・マリックほか。声の出演は「エージェント・コーディ」のフランキー・ムニッズ、「ネバーランド」のダスティン・ホフマン、「ネメシス/S.T.X」のウーピー・ゴールドバーグ、「ウォーク・トゥ・リメンバー」のマンディ・ムーア、「デアデビル」のマイケル・クラーク・ダンカンほか。

エージェント・コーディ

TVシリーズ『マルコム in the Middle』で全米の人気者となった若手俳優フランキー・ムニッズが、弱冠15歳のCIAエージェントに扮するスパイ・アクション・コメディ。共演は人気アイドルのヒラリー・ダフ。
イ・スンチョル(1966)

後悔なんてしない

韓国を舞台に、アルバイトで生活費を稼ぐ孤児院育ちの青年と実業家の御曹司という、境遇の全く異なる二人の男性の同性愛を描く。自身が同性愛者である事をカミングアウトしたイ=ソン・ヒイル監督の長編第一作で、ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品された。出演はTVドラマ『恋人』のイ・ハン、「GP506」のイ・ヨンフン。

NEW今日命日の映画人 12/5

該当する人物がいません


「ティエリー・トグルドーの憂鬱」を観ているあなたにおすすめの映画