愚行録

ぐこうろく
上映日
2017年2月18日

製作国
日本

上映時間
120分

ジャンル
サスペンス・ミステリー ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

ポーランド国立映画大学で学び、本作で長編監督デビューを飾る石川慶が、貫井徳郎の直木賞候補作を映画化したミステリー。1年前に起きた一家惨殺事件の真相を追う週刊誌記者が、理想の家族とされた被害者一家の評判とはかけ離れた実像を目の当たりにする。出演者には「怒り」の妻夫木聡、「駆込み女と駆出し男」の満島ひかり、「十字架」の小出恵介ら実力派の俳優たちが顔を揃えている。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    上野昴志

    妻夫木聡演じる週刊誌記者による、未解決の一家殺害事件の聞き取りに登場する関係者それぞれの像が、よく描かれている。つまり焦点は、殺された夫婦に当てられているのだが、それを語る関係者の思惑が同時に明らかになるのだ。だから、観客は、見るほどに謎を深めていくのだが、この作劇はなかなかなものだ。それはともかく、精神分析を受けている場での満島ひかりの、ほとんど無垢にも見える表情での語りは素晴らしい。対して妻夫木は、訳ありとはいえ最初から表情が暗すぎる。

  • 映画評論家

    上島春彦

    原作はインタビュアーが前面に出てこない分、謎の要素が多くもやもや。そこがいいのだが。映画はジャーナリストが未解決の殺人事件を追う物語をはっきりさせている。冒頭のつかみは日活の青春映画に似た趣向があるものの、こっちの方が底意地が悪い。出てくる人誰もが誰かを陥れたり、おとしめたりという連続でいかにも「ひっかけ所」満載ミステリーを最初からやってると分かる。結構無茶な展開が待っていて、それが愚行の意味。とはいえ妹に対して愚かじゃない兄貴なんていないか。

  • 映画評論家

    モルモット吉田

    「怒り」でもモデルになった世田谷一家殺害事件だが、映画としてはこちらが上。事件後、周辺が空き地となって荒れた不穏な雰囲気もよく出ている。育児放棄で拘置された妹を抱える記者が事件を追う過程で明かされるスクールカーストを虚仮威しの演出ではなく、それぞれが日常を営む上で自然に身に着けた鎧として描いているので臭くならない。脚本の完成度は高いが全篇にわたる生硬な演出は功罪相半ば。終盤は演出も転調が必要だったのでは。小出恵介のナチュラルな人でなし感が絶品。

みんなのレビュー

「愚行録」のストーリー

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者の田向浩樹(小出恵介)は、大手デベロッパーに勤めるエリートサラリーマン。一方、妻の友季恵(松本若菜)は、物腰が柔らかい上品な美人として近所から慕われていた。娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい“理想の家族”として知られていた田向夫妻。ところが事件発生時、浩樹は1階で、友季恵と娘は2階の寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま1年が経過し、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は、改めて事件の真相を探ろうと、関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは、田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった……。

「愚行録」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愚行録」のスペック

基本情報
ジャンル サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 日本
製作年 2017
公開年月日 2017年2月18日
上映時間 120分
製作会社 バンダイビジュアル=テレビ東京=ワーナー・ブラザース映画=東北新社=オフィス北野
配給 ワーナー・ブラザース=オフィス北野
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
公式サイト http://gukoroku.jp/
コピーライト (C)2016「愚行録」製作委員会

「愚行録」のみんなのレビュー

「愚行録」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません