SING シング

しんぐ SING
上映日
2017年3月17日

製作国
アメリカ

上映時間
108分

ジャンル
コメディ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「ミニオンズ」「ペット」を生んだユニバーサル・スタジオ&イルミネーションによるアニメーション。動物だけが暮らす世界。取り壊し寸前の劇場支配人バスターは、かつての栄光を取り戻すため歌のオーディションを開催、個性的な動物たちが会場に集まってくる。声の出演は「追憶の森」のマシュー・マコノヒー、「わたしに会うまでの1600キロ」のリース・ウィザースプーン、「テッド」のセス・マクファーレン、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のスカーレット・ヨハンソン、「五日物語 3つの王国と3人の女」のジョン・C・ライリー、「キングスマン」のタロン・エガートン、「ソーセージ・パーティー」のニック・クロール。監督・脚本は「リトル・ランボーズ」のガース・ジェニングス。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    バックステージものに弱いわたしのツボを突く題材。歌を通じてキャラクターがみな、自分の人生の問題を乗り越えていくストーリー。クライマックスの舞台シーンは構図やカット割りも見事で、1曲終わるごとに拍手したくなる間合いが取られており、ハリウッドの古典ミュージカルを作り手がちゃんとわかっているのだなと思える。背景美術もいちいち楽しく、きゃりーぱみゅぱみゅの歌に合わせて踊る「ジャパニーズ・カワイイ」的5匹組が、どことなく日本の女の子たちっぽいのも面白い。

  • 映画評論家

    内藤誠

    最近のアニメはシブイことをする。見たばかりの「虐殺器官」ではカフカの墓参りが重要なシーンになっていたし、この作品も動物たちがキャラクターなのに、それぞれが奏でる懐かしさをともなう楽曲に感情移入。コアラの主人公は父が残してくれた劇場を守ろうと孤軍奮闘する。そこに登場するブタやゾウ、ゴリラなどの動きがおかしい。パンク・ロッカーのヤマアラシなど秀逸で、ハッピー・エンドだと分かっていながら、大団円の舞台をわくわくして待った。オールディーズのファンにはお薦め。

  • 映画評論家

    平田裕介

    〝いつだって人生は変えられます〟的なもの以外に深遠なテーマやメッセージがあるわけではなく、華やかなシーンを繋ぎ合わせただけの印象。だが、そうした娯楽至上主義を掲げたイルミネーション・エンタテインメント制作の作品であるのだから文句を言うのは筋違い。実際、次々と飛び出す時代とジャンルをまたぎまくった名曲&ヒット曲には聴き入ってしまうし、ユーモラスとキュートを打ち出したキャラ群にも見入ってしまう。コアラ=マシュー・マコナヘイが繰り出す妙な日本語は必聴。

「SING シング」のストーリー

動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界。かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、取り壊し寸前の劇場支配人であるコアラのバスター・ムーン(声:マシュー・マコノヒー)。そんな彼は根っからの楽天家で自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守るためなら何でもしようと決心、最後のチャンスとして世界最高の歌のオーディションを開催する。当日、会場にやって来たのは個性溢れる動物たち。貪欲で高慢な自己チューのハツカネズミのマイク(声:セス・マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャー、象のミーナ(声:トリー・ケリー)、25匹の子ブタたちの育児に追われる主婦のロジータ(声:リース・ウィザースプーン)、ギャングファミリーを抜け出し歌手を夢見るゴリラのジョニー(声:タロン・エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカー、ヤマアラシのアッシュ(声:スカーレット・ヨハンソン)、常にパーティー気分の陽気なブタ、グンター(声:ニック・クロール)……。人生を変えるチャンスを掴むため、5名の候補枠をめぐり動物たちが熱唱、それぞれの歌を披露する……。

「SING シング」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「SING シング」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2017年3月17日
上映時間 108分
配給 東宝東和
レイティング 一般映画
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://sing-movie.jp/
コピーライト (C)Universal Studios.

「SING シング」のみんなのレビュー


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません