レジェンド 狂気の美学

れじぇんどきょうきのびがく LEGEND
上映日
2016年6月18日

製作国
イギリス フランス

上映時間
131分

ジャンル
バイオレンス 伝記 サスペンス・ミステリー ドラマ

ここが見どころ

実在した双子のギャングをトム・ハーディが一人二役で演じるクライムサスペンス。60年代のロンドン。手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めていくレジーとロニー。だが組織内の不調和やロニーの自滅的な行動により二人の絆に綻びが生じ始め……。共演は「ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール」のエミリー・ブラウニング、「キングスマン」のタロン・エガートン、「博士と彼女のセオリー」のデヴィッド・シューリス、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のポール・ベタニー、「マイティ・ソー ダークワールド」のクリストファー・エクルストン。監督・脚本は「42 世界を変えた男」のブライアン・ヘルゲランド。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    悪名高さのわりに実はあまり大したことはやってないらしいクレイ兄弟だから、この映画で前面に出るのは犯罪行為よりもむしろロマンスであり、E・ブラウニングが不幸なヒロインを強い存在感をもって演じる。でもこの映画の最大のお楽しみはやはり、素晴らしくハンサムでロマンチックなレジーと、完全にクレイジーな(しかし正気のときには思いがけない優しさを見せる)ロンを演じ分けるトムハ。音楽面では、スウィンギング・ロンドンを舞台にしたジュークボックス・ムービーの趣も。

  • 映画評論家

    内藤誠

    1960年代の英国ではビートルズと共にギャングのクレイ兄弟が有名だった。邦題のサブタイトル「狂気の美学」は、主演格の兄レジーよりも、心を病んで凶暴な弟ロンから付けたものだろう。レジー役を依頼されたトム・ハーディが一卵性双生児のロンを演じたいと言ったのも当然。映画の成功は彼が二役を演じたことにあり、それを支えるメイキャップや衣裳もみごと。脚本監督のブライアン・ヘルゲランドはヒロイン、エミリー・ブラウニングによるナレーションにひねりをきかせていた。

  • 映画評論家

    平田裕介

    兄ロナルドと弟レジナルドの固い絆と反目、ふたりの間に挟まれて壊れていくレジナルドの妻。エンタテイメントとしても実録ドラマとしても楽しめながら、その関係と行き着く先をきちんと追った仕上がりに。が、離れたくても離れられない双子の歪んだ愛憎の奥底までには深く踏み込んでいるとはいえず。ま、こういうのは当の本人たちもハッキリと意識できる類のものではないだろうから仕方がない。ギャングでさえもキラキラしていた、スウィンギン・ロンドンの別面が覗ける好篇。

「レジェンド 狂気の美学」のストーリー

1960年代初頭のロンドン。双子のギャング、レジー・クレイ(トム・ハーディ)とロニー・クレイ(トム・ハーディ二役)は手段を選ばない方法で街の権力を手中に収めつつあった。さらなる勢力拡大のために二人はアメリカのマフィアと手を組み、有力者やセレブリティとも懇意の関係を築き上げていく。彼らの影響力はイギリス社会の上流階級にまで及び、その勢いはとどまるところを知らなかった。そんな中、レジーは部下の妹フランシス(エミリー・ブラウニング)と恋に落ち結婚。悪事と手を切ると約束したレジーは、自らが所有する複数のナイトクラブの経営に力を注ぎ込むようになっていく。しかし、組織内の不調和や警察の執拗な捜査、ロニーの自滅的な行動によってクレイ兄弟の栄華は徐々に脅かされていくのだった。やがて二人の絆に綻びが生じ、レジーとフランシスの結婚生活も破綻へと向かい始める……。

「レジェンド 狂気の美学」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「レジェンド 狂気の美学」のスペック

基本情報
ジャンル バイオレンス 伝記 サスペンス・ミステリー ドラマ
製作国 イギリス フランス
製作年 2015
公開年月日 2016年6月18日
上映時間 131分
配給 アルバトロス・フィルム(提供 ニューセレクト)
レイティング R-15
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー
音量 5.1ch
公式サイト http://www.legend-movie.net/
コピーライト (C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

「レジェンド 狂気の美学」のみんなのレビュー

「レジェンド 狂気の美学」のレビューを書く