火 Hee

上映日
2016年8月20日

製作国
日本

上映時間
72分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

女優の桃井かおりが「無花果の顔」以来、10年ぶりに主演兼任で手掛けた長編監督第2作。原作は芥川賞作家・中村文則の短編『火』。アメリカで暮らす精神科医の真田は、幼い頃に火災で家族を亡くした女性の問診を続けるうちに、その話に引き込まれてゆく。2016年開催の第66回ベルリン国際映画祭フォーラム部門でワールドプレミア上映された。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    北川れい子

    その存在に、どこか自由な荒野を感じさせる、桃井かおり。女優業に侵食されていないように見えるのも私にはカッコいい。そんな彼女が監督・主演する本作は、桃井かおりが漂わせる自由な荒野を、もう若くない娼婦にそっくり重ね、しかも本人が自分を消さずに演じているだけに、くすぐったいほどリアリティがある。むろん、自由と荒野の必然的な代償である孤独や不安も。自分で自分を持てあましているような。ともあれ、万人向きではないが、ロスでこの作品を撮った彼女はやはりカッコいい。

  • 映画評論家

    千浦僚

    昔、桃井かおりが「世の中、バカが多くて疲れません?」(苦情があって「バカ」は「利口」に差し替わった)と言う栄養剤のCMがあったが、彼女はいかにもこういうことを言いそうで、その率直さや毒は誰しもが持ち、発露したい部分であり、それの代弁者であることが彼女の人気と魅力の一部だろう。本作はついに辿り着いた「キチガイ(もしくは、マトモぶる奴)が多くて疲れません?」の域。面白い。クドさとキツさに心地よく呑まれた。我儘極まりない昔の彼女のことを思い出した。

  • 映画評論家

    松崎健夫

    小説に書かれた文字を、映画で表現するための文字として書き起こした脚本。その文字に費やされる〈時間〉が即ち、作品のリズムやテンポとなる。本作の〈時間〉感覚が原作の其れとよく似ているのは、会話の〈間〉のようなもの、或いはズームに必要な〈時間〉に起因している。精神科医が個人を探ることを示唆するため顔のクロースアップが多用されているが、時折カメラは〈寄り〉から〈引き〉のズームで全体像を見せてゆく。それはまるで、火が燃え広がってゆく様に似ているのである。

「火 Hee」のストーリー

アメリカでクリニックに勤める精神科医の真田はある日、家族とショッピングに出かけた先のエレベーターで、1人の女性と出会う。その声が脳裏に響き渡り、彼女とクリニックで問診する様子を妄想する真田。しかし彼女の話は、真田の想像を超える壮絶なものだった。幼い頃に自宅の火災で両親を亡くし、学校ではイジメを受け、結婚した後も夫の浮気に直面。離婚してからは、アメリカで売春しながら借金生活を送っているという。その話に登場する男たちに次々と自分を重ね合わせ、次第に引き込まれてゆく真田。だが、彼女の話はさらにエスカレートし、やがて思いもよらない方向へ向かってゆく……。

「火 Hee」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「火 Hee」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 日本
製作年 2016
公開年月日 2016年8月20日
上映時間 72分
製作会社 吉本興業、チームオクヤマ
配給 KATSU-do
レイティング 一般映画
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ
音量 5.1ch
公式サイト http://hee-movie.com/
コピーライト (C)YOSHIMOTO KOGYO、チームオクヤマ

「火 Hee」のみんなのレビュー

「火 Hee」のレビューを書く

「火 Hee」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/21

ロビー・アメル(1988)

メン・イン・キャット

「アメリカン・ビューティー」のケヴィン・スペイシー主演のコメディ。仕事一筋で傲慢な社長トムは、娘の誕生日にネコを買って帰る。しかしその途中、社員に呼び出され会社の屋上へ行く。そこに雷が直撃し、転落したトムは、ネコと中身が入れ替わってしまう。監督は、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド。出演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」のジェニファー・ガーナー、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン。

ハンターズ グリム童話の秘宝を追え!

グリム童話「白雪姫」に登場する“魔法の鏡”をめぐる冒険を描いたファンタジックアドベンチャー。どんな願いでも叶える魔法の鏡の破片。鏡の復活を目論む組織に命を狙われ行方不明になった両親を助け出すため、パクストンたちは鏡の捜索を始める。【スタッフ&キャスト】監督・製作総指揮:ニーシャ・ガナトラ 製作総指揮:ジェイソン・ネッター 製作:ヘザー・パトック 脚本:ジェフ・シェクター 出演:ヴィクター・ガーバー/ロビー・アメル/アレクサ・ヴェガ/ミシェル・フォーブス
アンディ・マクダウェル(1958)

ハリウッド・ミューズ

華やかなハリウッドの舞台裏を描いたファンタジックドラマ。マーティン・スコセッシ、ジェームズ・キャメロンほか、有名監督らが本人役で登場。監督・主演は米国コメディ界の鬼才アルバート・ブルックス。出演は「氷の微笑」のシャロン・ストーン、「エンド・オブ・バイオレンス」のアンディ・マクダウェルほか。

ゴンゾ宇宙に帰る

宇宙にいるはずの家族に会える日を心待ちにするゴンゾの前に、ある日秘密組織・CONVETが現れ…ジム・ヘンソンの人気番組「マペットショー」の主役マペットたちが大活躍するSF冒険コメディ。監督はティム・ヒル。

NEW今日命日の映画人 4/21

該当する人物がいません