スター・トレック BEYOND

すたーとれっくびよんど STAR TREK BEYOND
上映日
2016年10月21日

製作国
アメリカ

上映時間
123分

ジャンル
SF アクション 冒険
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

「ワイルド・スピード」シリーズのジャスティン・リンがメガホンを取った人気SFシリーズ第3弾。不時着した宇宙船の救出に向かったエンタープライズ号が、何者かの攻撃を受けて撃破。カークは仲間と別れ、たった1人で未知の惑星に放り出されてしまう……。クリス・パイン以下、お馴染みのキャストに加え、「マンデラ 自由への長い道」のイドリス・エルバ、「キングスマン」のソフィア・ブテラが出演。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    篠儀直子

    もちろん大がかりなアクションシーンはあるし、デザインもスケールアップしているけれど、元々のTVシリーズ(『宇宙大作戦』と呼ぶべきか!)の面白さはこれだったのだと思い出させられて個人的に狂喜。おなじみのキャラクターたちが魅力を発揮、ユーモアが全篇にみなぎっているのも最高で、ろくな兵器もなしに敵の大編隊に立ち向かうところのアイディアは、見せ方ともどもめっちゃ笑った。L・ニモイ追悼の意をこめたシーンもあり、A・イェルチンの明るさにもあらためてしんみり。

  • 映画評論家

    内藤誠

    現実に宇宙船に乗り込む人たちを見ていて気持ちがいいのは、異国の者どうしが一つの目的に向かって楽しそうにやっていることだが、このシリーズでは、人種の違いどころか、異星人どうしも団結しているのだ。今回は特殊メイクと衣裳のチームが頑張って、50種以上の異星人が登場している。未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発した主人公たちに、突然、謎の異星人たちが襲いかかる。おかしいのは宇宙においても空手風の武術とオートバイ・アクションでけりをつけることだ。

  • 映画評論家

    平田裕介

    これまでのスタトレと比べると……みたいなことをウダウダ考える暇など与えぬ、尋常ならざるスピード感が妙味である新シリーズ。となると、J・リンの起用はドンピシャなわけで、ノリの良さは歴代最高といっていい。メンバー各自の活躍ぶりと連帯感の描き方もこれまた歴代最強で、彼が「ワイルド・スピード」シリーズで培った手腕が見事に花開く形に。ただ、〝仲間は大事〟的な空気が濃すぎて「ワンピース」を観ている気分にもなってくる。L・ニモイとA・イェルチンへの追悼には涙。

みんなのレビュー

  • 如庵

    2020年7月9日に投稿
    80
    • 手に汗握る
    • かっこいい
    • スカッとする
    • 親子で楽しめそう

    ネタバレ贅沢な極上SFエンターテイメントながら、いまひとつの深みも欲しい!

    「Star Trek Beyond」2016年; Justin Lin(林詣彬)監督; R.T.( Approval 86% / 7.03/10) 新スタートレック第3作目は、開始から息つく暇がないほど、アクションにつぐアクションの迫力と早い展開、美しい宇宙映像で2時間以上の上演時間中、悪意のない人で無い限り、退屈しない極上のエンターテイメント。ロシア訛りのクルー、チェコフ役のアントン・イェルチンが公開前に不慮の事故で亡くなった事、続編が未だ未定との事が、残念でならない。 願わくは「ヴォイジャー」シリーズの「ボーグ」のような敵と相対し、深みのある哲学的ストーリー構成も欲しいところだ。
  • ユーザA

    2020年4月7日に投稿
    90

    ネタバレ

「スター・トレック BEYOND」のストーリー

未知の星に不時着した宇宙船救出ミッションに出発したエンタープライズ号。艦長のカーク(クリス・パイン)は、ある決意を胸に秘めてこのミッションに臨んでいた。しかし、目的地への到着直前、無数の飛行物体の急襲を受け、エンタープライズ号は撃破。仲間は散り散りになってしまう。果たして何が起こっているのか?その目的とは?たった1人で見知らぬ土地に投げ出されたカークの限界を超えた戦いの幕が開く!

「スター・トレック BEYOND」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「スター・トレック BEYOND」のスペック

基本情報
ジャンル SF アクション 冒険
製作国 アメリカ
製作年 2016
公開年月日 2016年10月21日
上映時間 123分
製作会社 5150 Action Bad Robot Paramount Pictures Skydance Productions
配給 東和ピクチャーズ
レイティング 一般映画
公式サイト http://www.startrek-movie.jp/
コピーライト (C)2016 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

「スター・トレック BEYOND」のみんなのレビュー

  • 如庵

    2020年7月9日に投稿
    80
    • 手に汗握る
    • かっこいい
    • スカッとする
    • 親子で楽しめそう

    ネタバレ贅沢な極上SFエンターテイメントながら、いまひとつの深みも欲しい!

    「Star Trek Beyond」2016年; Justin Lin(林詣彬)監督; R.T.( Approval 86% / 7.03/10) 新スタートレック第3作目は、開始から息つく暇がないほど、アクションにつぐアクションの迫力と早い展開、美しい宇宙映像で2時間以上の上演時間中、悪意のない人で無い限り、退屈しない極上のエンターテイメント。ロシア訛りのクルー、チェコフ役のアントン・イェルチンが公開前に不慮の事故で亡くなった事、続編が未だ未定との事が、残念でならない。 願わくは「ヴォイジャー」シリーズの「ボーグ」のような敵と相対し、深みのある哲学的ストーリー構成も欲しいところだ。
  • ユーザA

    2020年4月7日に投稿
    90

    ネタバレ