ロブスター

ろぶすたー THE LOBSTER
上映日
2016年3月5日

製作国
アイルランド イギリス ギリシャ フランス オランダ アメリカ

上映時間
118分

ジャンル
SF ドラマ
  • 手に汗握る
  • 感動的な
  • 怖い
  • おしゃれな
  • 泣ける
  • 可愛い
  • 笑える
  • 重厚感のある
  • かっこいい
  • ほのぼのとした
  • セクシーな
  • スカッとする
  • 親子で楽しめそう
  • 考えさせられる
+ 評価する

ここが見どころ

独り者は動物に変えられる近未来を舞台としたSF。監督は「籠の中の乙女」のヨルゴス・ランティモス。出演は「トータル・リコール」のコリン・ファレル、「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズ。第68回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞。共同脚本は、「籠の中の乙女」でも共同執筆したエフティミス・フィリップ。

映画専門家レビュー

  • 映画評論家

    内藤誠

    コリン・ファレルやレイチェル・ワイズ以下の芸達者が荒唐無稽な物語と舞台の設定で、監督の指示に従い、映画作りを楽しんでいる。見たあと、もっと笑えてもいいはずだと思ったけれど、爆笑できないのは、やはり映画がヨーロッパ辺境の歴史や時代性を反映し、考えさせてしまうからだろう。キャラクター中心の大劇場向き人情コメディが好きな人には、お薦めできないが、テリー・サザーン以来の実験的ブラックユーモア映画のファンには必見で、神話から監獄論までいろいろ想像できる。

みんなのレビュー

「ロブスター」のストーリー

近未来。独身者は身柄を確保され、送られたホテルで45日以内にパートナーを見つけなければ、自分で選んだ動物に変えられて森に放たれることになる。独り身になったデヴィッド(コリン・ファレル)もホテルに送られるが、そこには狂気の日常が潜んでいた。しばらくして、“独り者たち”が暮らす森へ逃げ出したデヴィッドは、そこで恋に落ちるが、それは“独り者たち”のルールに反していた……。

「ロブスター」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ロブスター」のスペック

基本情報
ジャンル SF ドラマ
製作国 アイルランド イギリス ギリシャ フランス オランダ アメリカ
製作年 2015
公開年月日 2016年3月5日
上映時間 118分
配給 ファインフィルムズ
レイティング R-15
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 5.1ch
公式サイト http://www.finefilms.co.jp/lobster/
コピーライト (C)2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.

「ロブスター」のみんなのレビュー